【Q】同ランクに分類されたステロイド外用薬の効果の強弱は?

【A】ステロイド外用薬は薬効の強弱によりランク付けされており、薬剤選択の指標とされている。(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」) これは主に血管収縮能、比較臨床試験、あるいは各医師の使用経験が分類の根拠となっている。しかし、ステロイド外用薬の同ランク同士の強弱についての明確な記載がない。血管収縮指数が同ランク同士の強弱の有益な情報の一つになると考えられるため、以下にそれぞれ記載した。ただし参考資料はかなり昔のものである。 血管収縮指数 商品名 一般名 strongest 1869 デルモベート クロベタゾールプロピオン酸エステル 1600〜1900※ ジフラール ジフロラゾン酢酸エステル very strong 1660※ マイザー ジフルプレドナート 1660 リンデロン‐DP ベタメタゾン ジプロピオン酸エステル 550※ ネリゾナ ジフルコルトロン吉草酸エステル 22 … 続きを読む 【Q】同ランクに分類されたステロイド外用薬の効果の強弱は?