【Q】輸液混注において、バッグやルートの材質に注意すべきな薬剤は?

【A】輸液バッグやルートの材質はポリエチレン (PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、エチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)などがあります。

その中でポリ塩化ビニル (PVC) は柔軟性を保つために、可塑剤であるDEHP (フタル酸ジエチルヘキシル) が含有されています。DEHPは注射剤に含まれる界面活性剤などで溶出されるため、薬剤によっては注意が必要です。

DEHPにより、消化器症状、催奇形性や肝細胞癌や精巣毒性、抗がん剤の濃度が変化することがあります。 (フタル酸ジエチルヘキシルの有害性評価)

可塑剤としてDEHPを含むポリ塩化ビニル製の輸液セットを避ける必要がある具体的な薬剤としては、「アミオダロン、パチシラン、シクロスポリン、エノシタビン、カバジタキセル、パクリタキセル、テムシロリムス、ブリナツモマブ、タクロリムス、ミコナゾール、ベネフィクス、ベプシド 、ミリプラ」が挙げられます。これらの薬剤の添付文書には「ポリ塩化ビニル製の輸液セット等の使用を避けること」と明記されています。

一方で、イサツキシマブ (サークリサ) やアフリベルセプトベータ (ザルトラップ)は「DEHPの有無に限らずポリ塩化ビニル製の輸液セットの使用は可能である」と明記されており、DEHPが含まれた輸液セットの使用が可能です…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る