【Q】緑内障治療点眼薬の眼圧効果作用の違いは?

【A】以下に眼圧効果作用についての詳細を記載する。

対象 : 無作為化比較試験(RCTs)114件(被験者2万275人)
眼圧効果作用
1位 ルミガン点眼液0.03%(ビマトプロスト)
2位 キサラタン点眼液0.005%(ラタノプロスト)
3位 トラバタンズ点眼液0.004%(トラボプロスト)
ルミガン点眼液0.03%(ビマトプロスト) 5.61mmHg (95% CI;4.94 – 6.29)
キサラタン点眼液0.005%(ラタノプロスト) 4.85mmHg (4.24 – 5.46)
トラバタンズ点眼液0.004%(トラボプロスト)4.83mmHg (4.12 – 5.54)
ミロル点眼液0.5% (レボブノロール) 4.51mmHg(3.85 – 5.24),
タプロス点眼液0.0015%(タフルプロスト) 4.37mmHg (2.94 – 5.83),
ズモン点眼液0.25%/ リズモン点眼液(チモロール)0.5% 3.70mmHg (3.16 – 4.24)
アイファガン点眼液0.1%(ブリモニジン) 3.59mmHg (2.89 – 4.29)
ミケラン点眼液2%(カルテオロール) 3…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

レボチロキシン錠 (チラーヂン)は食後投与よりも食前投与のほうが効果が高いか?

【質問】チラーヂンは、食前の方が吸収がよいのですか? 【A】レボチロキシンは、一部の金属(アルミニウムや鉄など)や特定の飲食物 (コーヒー、食物繊維、グレープフルーツ、パパイヤ、大豆製品など)と同時に摂取...

芍薬甘草湯の代替薬は?

【A】芍薬甘草湯(こむら返り)の代替薬候補として、エペリゾン (ミオナール錠)、チザニジン(テルネリン錠)、ダントロレンナトリウム(ダントリウムカプセル)、レボカルニチン(エルカルチンFF錠)、疎経活血湯、四物...

ロナセンテープは半分に切ることができるか?

【A】ロナセンテープは薬を含む膏体が支持体とライナーの間にあるマトリックス型の経皮吸収剤です。そのため半分に切っても使用することができると考えられます。しかし、切ることにより剥がれやすくなったり、薬...

新着記事をもっと見る