【Q】消化管出血にアドナ、トランサミンは有用か?

【A】現在も明確なエビデンスは構築されていません。上部消化管出血 (食道、胃、十二指腸) に対するトランサミンの止血効果は報告されています。
以下に現在までに報告されている文献をまとめました。

下部消化管出血 (小腸、大腸) に関するアドナとトランサミンの止血に関する文献はなし。 上部消化管出血 (食道、胃、十二指腸) に対するトランサミンの止血効果に関する文献あり。 Tranexamic acid for upper gastrointestinal bleeding →メタ解析の文献。トランサミンは上部消化管出血に対して有効 (死亡率を低下させる) であると報告されている。しかし脱落者が多いため、これらの結果を確実にすることはできないと結論づけている。信頼性は高くないといえる。 現在(2020年5月現在)、HALT-ITという二重盲検の大規模臨床試験(12,000人対象)が実施されている。この大規模臨床試験は非常に信頼性が高いと考えられている。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る