【Q】Ca拮抗薬の中で歯肉肥厚のリスクが高い薬剤と低い薬剤は?

【A】以下の文献、資料から発生頻度が高い薬剤はニフェジピン (アダラート)やジルチアゼム (ヘルベッサー)と考えられる。また、アゼルニジピン(カルブロック)やベニジピン(コニール)は発生頻度が低いと考えられる。

歯科治療を受けたCa拮抗薬の服用者1467名を対象とした。アゼルニジピン(カルブロック) , バルニジピン (ヒポカ), ベニジピン(コニール), エホニジピン,フェロジピン, flunarizine, nilvadipine, nitrendipineおよびベラパミル (ワソラン) 服用者には.歯肉肥厚が認められなかった。最も高い発生頻度はニフェジピンの (7.6%) であり, ジルチアゼム (4.1%) , マニジピン (1.8%) , アムロジピン (1.1%) , ニソルジピン (1.1%) , ニカルジピン (0.5%) の順であった.
歯薬療法. 2008;27(2):79-85
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jso…

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る