【Q】閉塞隅角緑内障の患者にはニトロペン舌下錠が禁忌であるが、代替薬はあるか?

【質問】閉塞隅角緑内障禁忌、前立腺肥大禁忌など疾患禁忌のある薬剤がありますが、添付文書には禁忌項目しか載っておらず、その場合どうすればいいのか、対応法・代替法は載っていないと思います。こういった際の代替案を調べるツールとして、みなさんは何を活用されていますか?緑内障患者にニトロペンが処方され、もし閉塞だった場合の代替薬はないのでは…と気になったのですが、なにか代替に推奨される薬剤はありますか?

 

【A】「使用したい薬剤が禁忌であった場合、代替薬はどのように選択すればいいのか」ということですが、薬剤の作用機序が類似していれば、禁忌薬に該当する薬剤も同じである可能性が高いと考えられます。そのため、代替薬は作用機序の異なる薬剤を選択する必要があります。以下にニトロペンの例を記載します。

「ニトロペン」などの硝酸薬は脈絡膜 (網膜の下にある膜のことであり、網膜の機能をサポートする)の血管を拡張させ、それにより容積が増大するため、眼圧が上昇します。このことから、閉塞隅角緑内障の患者にはニトロペンの服用は禁忌となっています。ただし、これまでに「ニトロペン」や「ニトロール」で眼圧が上昇した症例は報告されていません (独立行政法人医薬品医療機器総合機構「医薬品副作用データベース」) 。禁忌に該当となった経緯は類似薬である「亜硝酸アミル」で…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る