【Q】「不眠時」に対するセニラン坐薬の使用は審査機関から保険適応と認められるか?

【質問】以前にガン末期の患者さんに「不眠時」使用としてセニランの坐薬が処方され、錠剤には不眠に対する適応がありますが坐薬にはないため、Dr.に確認をとりました。経口投与は困難であるとの返答いただき、処方は変更なしとなりました。 これまでセニラン坐薬の「けいれん時」「不眠時」用法で返戻はなかったのですが、上記のケースで初めて返戻になり、病院含め連合と何度か相談しましたが結果はかわらずでした。 適応外処方が認められるケースと、はねられるケースではガイドラインやエビデンスの有無など何か線引きがあるのでしょうか?その調べ方があれば教えていただきたいです。 がん末期でセニラン坐薬が使用されることは珍しくないと思うのですが、上記のケースは運が悪かっただけなのか、、。みなさんどのように請求されてますか?

 

【A】がん患者の鎮静のためにセニラン坐薬が使用されるケースは散見されます。以下のとおり、ガイドラインにも記載されています。

在宅での治療抵抗性の苦痛と鎮静
鎮静に用いられた薬剤はほとんどがミダゾラムである。日本ではフェノバルビタール坐薬、ブロマゼパム坐薬も使われている。
(参考:  がん患者…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る