【Q】NSAIDsの内服と坐薬の使用間隔は?

【質問】ロキソニン錠とボルタレン錠のように内服のNSAIDs同士の場合は疑義照会をしますが、 たとえばロキソニン錠(3T分3)、 ボルサポ (25mg or 50mg) 疼痛時のような処方はどうでしょうか。整形や尿路結石のような場合に見ることがあるとおもいます。 通常ボルサポは1日1-2回、6時間以上の間隔をあけますが、内服でロキソニンを服用してる場合は、どのタイミングで飲むように言うべきか(坐薬は内服でいうところの頓服使用になろうかと思いますが)、また内服との間隔はどうすればいいでしょうか。

【A】「NSAIDsの併用により副作用を許容した有効性が期待できる」という報告はないため、一般的にはNSAIDsの併用は避けられています。
患者背景を考慮することが前提ですが、「ロキソプロフェンNa錠」の定期服薬に「ボルタレンサポ」を追加で頓服服薬する場合、効果と副作用の点から両者の併用は最低でも4〜6時間以上の間隔を設けることが望ましいと考えられます。

NSAIDsの種類や患者個別の薬物代謝や遺伝子によって、効果が異なる可能性があります。副作用の許容範囲や疼痛の強弱、使用頻度等に応じた患者個別の投与間隔の設定が重要です。

例えば、強い疼痛があり、副作用が許容できる患者であれば、投与間隔を短くすることも検討できます。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

記事は見つかりませんでした。

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る