ケミカルメディエーター遊離抑制薬(トラニラストなど)と抗ヒスタミン薬(第2世代)は併用可能か?

【質問】トラニストを服用している患者でオロパタジンの併用がよくないとのことでモンテルカストに変更になった患者がいました。投薬時、恥ずかしながら理由が分かりませんでした。ネットで調べたところ下記の理由が分かりました。第2世代抗ヒスタミン薬にはケミカルメディエーター遊離阻害作用があるため併用できません。ただ、実務上、複数の抗ヒスタミンの併用はありますので、そのことを考えるとなぜダメなのかが分かりません。

【A】第2世代抗ヒスタミン薬の多くは、ケミカルメディエーター遊離抑制作用がありますが、その作用は弱いとされています。( 鼻アレルギー診療ガイドライン2023)

オロパタジン塩酸塩は、選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用を主作用とし、更に化学伝達物質(ロイコトリエン、トロンボキサン、PAF等)の産生・遊離抑制作用を有し、神経伝達物質タキキニン遊離抑制作用も有する。(アレロック錠 添付文書)

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の経口剤には、トラニラスト経口剤、アンレキサノクス経口剤、ペミロラスト経口剤などがありますが、これらの鼻閉に対する有効性は第1世代の抗ヒスタミン薬よりも高いと報告されています。そのため、薬理作…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】第2世代抗ヒスタミン薬の使い分けは?

第2世代抗ヒスタミン薬 ・眠気がでない薬剤 デザレックス錠5mg (デスロラタジン) ビラノア錠 (ビラスチン) アレグラ錠 (フェキソフェナジン) クラリチン錠 (ロラタジン) デザレックスはロラタジンの活性代謝物。1...

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る