尿道カテーテル留置患者における抗コリン薬服用時の尿閉リスクは?

【質問】抗コリン薬による尿閉について例えば前立腺肥大で薬物治療無効のため尿道カテーテルを留置している患者が、抗コリン薬服用した場合、それでも尿閉のリスクはあるのでしょうか。

【A】

尿閉とは膀胱まで移送された尿が尿道より排泄できない状態。排尿ができない状態が完全尿閉であり,少量排尿可能で残尿がある状態が不完全尿閉である。(医学書院 医学大辞典 第2版)

尿道カテーテル留置は、尿道を通じて膀胱内に直接挿入する方法です。尿道カテーテルは膀胱から直接尿を排泄するため、カテーテルが正確に設置され、適切に管理されている場合、尿閉のリスクはほぼないと考えられます。ただし、カテーテルの留置や管理に問題がある場合、尿閉のリスクは存在します。

尿道カテーテル留置にはいくつかの欠点があります。尿漏れ、閉塞、自然抜去、自己抜去、そして感染が主なものとして挙げられます。特に尿漏れの場合、抗コリン薬の使用を考慮することもあります。

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る