薬剤逆説反応とは?

【質問】薬剤逆説反応について教えてください。

【回答 200文字要点】

「薬剤逆説反応」は薬剤が通常と逆の効果を示す現象で、診断が困難であることが特徴です。フランスのデータベース(FPVDB)によると、免疫調節薬と精神作用薬による逆説反応が報告されています。日本国内では、抗結核薬の使用による「薬剤逆説反応」が添付文書に記載されています。治療開始後、結核菌が減少し陰性化しても、胸部X線で異常が見られることがあり、通常は治療継続で改善します。

 

【A】「薬剤逆説反応」とは、薬剤が通常予想される反対の効果を示す現象です。そのため、非典型的な臨床症状を示すため診断が難しいことがあり、発生頻度は比較的まれです。

フランスのデータベース(French PharmacoVigilance DataBase (FPVDB) )によると逆説的反応は免疫調節薬と精神作用薬が報告されています。具体的にはベンゾジアゼピンによる不眠、ドネペジルによる認知機能低下やバレニクリンによる衝動的な喫煙依存症の再発などが報告されています。 (Eur J Clin Pharmacol 2020 Vol. 76 Issue 8 Pages 1169-1174)

中枢神経刺激薬 ‥眠気 抗うつ薬‥暴力的な傾向や自殺衝動 抗精神…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

薬剤逆説反応とは?

【質問】薬剤逆説反応について教えてください。 【回答 200文字要点】 「薬剤逆説反応」は薬剤が通常と逆の効果を示す現象で、診断が困難であることが特徴です。フランスのデータベース(FPVDB)によると、免疫調節...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る