【Q】尿路カンジダ症の治療は?

【A】第一選択はフルコナゾールを使用する。以下に詳細を記載する。
 
症候性の膀胱炎
初期治療 (第一選択) フルコナゾール(200 mg[3 mg/kg]/日)を2週間(A-Ⅲ)。
代替治療  AmB-d(0.3〜0.6 mg/kg)を1〜7日間またはフルシトシン(25 mg/kgqid)を7〜10日間(B-Ⅲ)
フルコナゾール耐性真菌が分離された場合には代替治療に示した治療を実施。AmB-dの膀胱内注入はフルコナゾール耐性真菌(Candida kruseiおよびCandida glabrataなど)による難治例に対してのみ推奨。
以下詳細

膀胱炎にはフルコナゾールが第一選択薬である。フルコナゾールは水溶性が高く、活性を保持したまま主として尿中に排泄され、カンジダ属のほとんどの真菌種に対するMIC値を上回る尿中濃度が容易に得られる。現在使用可能な他のアゾール系薬は、いずれも活性型の尿中への排泄が低いため有用ではない。膀胱炎患者でフルコナゾールに対してアレルギーのある場合や、フルコナゾールの最大量の投与や尿路の異常に対して最適の管理を行ったにもかかわらず、明らかに治療失敗である場合には、フルシトシンの経口投与、従来のアムホテリシンB製剤(AmB-d)の全身投…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】尿路カンジダ症の治療は?

【A】第一選択はフルコナゾールを使用する。以下に詳細を記載する。   症候性の膀胱炎 初期治療 (第一選択) フルコナゾール(200 mg[3 mg/kg]/日)を2週間(A-Ⅲ)。 代替治療  AmB-d(0.3〜0.6 mg/kg)...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る