【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。その結果、腸管の緊張増大や神経伝達の改善等により、腸管蠕動運動を促進させる。そのため腸管麻痺イレウスに効果がある。
 

【用法・用量】
以下、添付文書での適応の記載
1.パントテン酸欠乏症の予防及び治療 パントテン酸の需要が増大し、食事からの摂取が不十 分な際の補給 (消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦等) 2. 下記疾患のうち、パントテン酸の欠乏又は代謝障害が 関与すると推定される場合 3. ○ストレプトマイシン及びカナマイシンによる副作用 の予防及び治療 ○接触皮膚炎、急・慢性湿疹 ○術後腸管麻痺 (上記 3.に対して、効果がないのに月余にわたって漫 然と使用すべきでない。)
(パントール注射液 添付文書 第6版)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/480008_3133401A1042_1_08.pdf

キーワード検索

新着記事

【Q】強膜炎の患者にネオーラルカプセル使用予定(100㎎/day)。服用タイミングはいつが良いか?

【A】ネオーラルカプセルは添付文書の用法には「1日2回」と記載されており、「食前」「食後」に関する記...

【Q】エパデールは食直後投与でなければだめか?

【A】エパデールは空腹時に服薬すると血中濃度がほとんど上昇しないため、効果が得られないと考えられま...

【Q】エスラックス(ロクロニウム)とマスキュラックス(べクロニウム)の違いは?

【A】マスキュラックス(べクロニウム)の構造式を換えて開発された薬剤がエスラックス(ロクロニウム)...

【Q】肝機能低下の患者に使用可能なオピオイドは?

【A】モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデイン、メサドンは肝臓で代謝されるため、肝障害時には...

【Q】ステロイド外用薬のランクは?

ストロンゲスト(I群) 『デルモベート』(成分名: クロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%) 『ジフラー...

【Q】ランタス注とXRの違いは?

【A】ランタスXR注はランタス注の濃度を3倍にした製剤で、ランタス注を改良した製剤と位置付けされてい...

【Q】エレジェクト注にはどれくらいの鉄分が入っているのか?

【A】エレジェクト注シリンジ中には塩化第二鉄として9.460mg(鉄として35μmol)含有しています。 1シリン...

【Q】フェジン静注で黒色便は出るのか?

【A】フェロミア錠やフェルムカプセルなどの経口鉄剤は吸収されなかった余剰の鉄剤が便中に混ざることに...

【Q】腎障害患者に対するマグコロールPの代替薬は?

【質問】腎障害患者に対するマグコロールPの代替薬は?一つの案として、新薬モビコール配合内用剤は代替...

【Q】漢方薬は「食前」と「食後」で効果や副作用に違いがあるか?

【質問】漢方薬の用法は、添付文書に一律「食前投与」と記載されていますが、「食前投与」と「食後投与...

更新記事

【Q】肝機能低下の患者に使用可能なオピオイドは?

【A】モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデイン、メサドンは肝臓で代謝されるため、肝障害時には...

【Q】強膜炎の患者にネオーラルカプセル使用予定(100㎎/day)。服用タイミングはいつが良いか?

【A】ネオーラルカプセルは添付文書の用法には「1日2回」と記載されており、「食前」「食後」に関する記...

【Q】ミグリトール(セイブル®)の食後投与の可否は?

【A】セイブル錠は「食後」投与でもAUCは変わりません。そのためセイブル錠は「食直前」での服薬が難し...

【Q】エパデールは食直後投与でなければだめか?

【A】エパデールは空腹時に服薬すると血中濃度がほとんど上昇しないため、効果が得られないと考えられま...

【Q】エスラックス(ロクロニウム)とマスキュラックス(べクロニウム)の違いは?

【A】マスキュラックス(べクロニウム)の構造式を換えて開発された薬剤がエスラックス(ロクロニウム)...

【Q】低用量アスピリンの胃腸障害にH2遮断薬は有効か?ガスターなど

【A】PPI(プロトンポンプ阻害薬)はH2遮断薬よりも低用量アスピリンによる消化性潰瘍予防に有効であると...

【Q】ステロイド外用薬のランクは?

ストロンゲスト(I群) 『デルモベート』(成分名: クロベタゾールプロピオン酸エステル0.05%) 『ジフラー...

【Q】同ランクに分類されたステロイド外用薬の効果の強弱は?

【A】ステロイド外用薬は薬効の強弱によりランク付けされており、薬剤選択の指標とされている。(日本皮...

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】イナビルとラピアクタ点滴静注液との併用は可能か?

【A】イナビルとラピアクタ点滴静注(成分名:ペラミビル)は剤型が異なりますが両剤ともノイラミニダーゼ...