【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。その結果、腸管の緊張増大や神経伝達の改善等により、腸管蠕動運動を促進させる。そのため腸管麻痺イレウスに効果がある。
 

【用法・用量】
以下、添付文書での適応の記載
1.パントテン酸欠乏症の予防及び治療 パントテン酸の需要が増大し、食事からの摂取が不十 分な際の補給 (消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊産婦、授乳婦等) 2. 下記疾患のうち、パントテン酸の欠乏又は代謝障害が 関与すると推定される場合 3. ○ストレプトマイシン及びカナマイシンによる副作用 の予防及び治療 ○接触皮膚炎、急・慢性湿疹 ○術後腸管麻痺 (上記 3.に対して、効果がないのに月余にわたって漫 然と使用すべきでない。)
(パントール注射液 添付文書 第6版)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/480008_3133401A1042_1_08.pdf

キーワード検索

新着記事

【Q】Scr 約2.2、eGFR約10~20、保存期腎不全の患者における経口ミノマイシンの投与量は?投与期間は約1週間.

【A】以下に示す通り、ミノマイシン錠50mg (ミノサイクリン) は肝臓代謝型薬剤かつ糞便中排泄でありため...

【Q】宗教上の理由で動物由来の製剤を使用できない患者にインスリン製剤を使用を予定している。ヒューマリンRとノボラピッドは動物由来のものか?

【A】ヒューマリンR注ミリオペンおよびノボラピッド注フレックスタッチは、ヒトインスリンを遺伝子改変...

【Q】宗教上の理由から確認したい。ゼルヤンツにはアルブミンが含まれているか?

【A】ゼルヤンツ錠5mgは生物学的製剤ではないく、アルブミンは含有していない。 成分 1 錠中:トファシチ...

【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】PL顆粒は閉塞隅角緑内障だけではなく、緑内障の患者に禁忌である。 PL顆粒の添付文書には禁忌欄に...

【Q】イスラム教徒の患者にヘパリンを使用できるか?牛由来のヘパリンはあるか?

【A】ヘパリンNa注5千単位/5mL・1万単位/10mL「モチダ」 (ヘパリンナトリウム) はブタ腸粘膜の由来成分...

【Q】スミフェロン注を自己注射している患者。注射後、一時間くらい経つと匂いがしてくる、との訴えあり。報告はあるか?

【A】スミフェロン注DSは無色澄明の液であり、臭いに関する記載は添付文書やインタビューフォームに特に...

【Q】耳垢を除去するための既製剤はなにがあるか?

【A】耳垢を除去するための既製剤はジオクチルソジウムスルホサクシネート耳科用液5%「CEO」 (製造販売...

【Q】うがい薬を処方したい。何があるか?

【A】アズノールうがい液4%、イソジンガーグル液7%、ネオステリングリーンうがい液0.2%などがあげられる...

【Q】ベイスン錠は簡易懸濁可能か?

【A】簡易懸濁可能と考えられる。 以下の記事を参考とする。 【Q】ベイスン錠 (ボグリボース)の簡易懸濁...

【Q】ソラナックス錠は簡易懸濁できるか?

【A】可能と考えられる。 以下の記事を参考とする。 https://sagasudi.com/seizai181112/ 【Q】ソラナッ...

人気記事

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。   以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜...

【Q】カチリと亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは?

【A】カチリ=亜鉛華軟膏+フェノール(消毒薬) カチリは亜鉛華軟膏にフェノール(消毒薬)が含有して...

【Q】リンゼス錠0.25mgの食前投与の理由は?

【A】食前投与に比べて食後投与で軟便、下痢の症状が多かったため食前投与となっている。(健康成人 (第1...

【Q】酸化マグネシウムとPPI・H2遮断薬との相互作用は?

【A】酸化マグネシウムと酸分泌抑制剤 (PPI・H2遮断薬)を併用することにより酸化マグネシウムの緩下作用...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】パタノール点眼液0.1% は小児に対して何歳から使用可能か?

【A】1歳以上から使用可能であると考えられる。   以下添付文書 (パタノール点眼液0.1% 第7版)よ...

【Q】低用量アスピリンの胃腸障害にH2遮断薬は有効か?ガスターなど

【A】以下の報告1) により、低用量アスピリンの投与時にはH2遮断薬よりもPPIの併用が望ましいと考えられ...

【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能である。 40kg以...