【Q】同ランクに分類されたステロイド外用薬の効果の強弱は?

【A】ステロイド外用薬は薬効の強弱によりランク付けされており、薬剤選択の指標とされている。(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」) これは主に血管収縮能、比較臨床試験、あるいは各医師の使用経験が分類の根拠となっている。しかし、ステロイド外用薬の同ランク同士の強弱についての明確な記載がない。血管収縮指数が同ランク同士の強弱の有益な情報の一つになると考えられるため、以下にそれぞれ記載した。ただし参考資料はかなり昔のものである。

血管収縮指数 商品名 一般名 strongest 1869 デルモベート クロベタゾールプロピオン酸エステル 1600〜1900※ ジフラール ジフロラゾン酢酸エステル very strong 1660※ マイザー ジフルプレドナート 1660 リンデロン‐DP ベタメタゾン ジプロピオン酸エステル 550※ ネリゾナ ジフルコルトロン吉草酸エステル 220〜600 トプシム フルオシノニド 360※ パンデル 酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン 記載なし フルメタ モメタゾンフランカルボン酸エステル 記載なし アンテベート ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル strong 1700※ メサデルム デキサメタゾン プロピオン酸エステル 500 プロパデルム ベクロメタゾン プ…

キーワード検索

新着記事

【Q】アセリオ静注液1000mgバッグは15分以上かけて投与することは可能か?

【A】「アセリオ静注液1000mgバッグ」の臨床試験時における投与時間は15分であったため、添付文書上でも...

【Q】クロピドグレル錠(後発品)の簡易懸濁法の可否は?

クロピドグレル錠25mg・75mg「アメル」:△(共和薬品工業株式会社 クロピドグレル錠「アメル」の簡易懸...

【Q】ネリプロクト軟膏に含まれているステロイドのランクは?

【A】「ネリプロクト軟膏」に含まれているジフルコルトロンはいわゆる「ネリゾナ」と同じランクの薬剤で...

【Q】ソリリス点滴静注を生食で希釈後の安定性は?

【A】「ソリリス点滴静注」は生食で希釈後、常温で72時間まで安定します。 点滴静注バッグ内又はガラス...

【Q】ドレニゾンテープのステロイド軟膏のランクは?

【A】「ドレニゾンテープ」の成分は「フルドロキシコルチド」であり、ステロイド外用薬の中で最も弱いwe...

【Q】ポピドンヨード製剤は温度によって効果に差がありますか?

【A】消毒剤の殺菌効果は一般的に、温度が高い方が殺菌力が高くなると考えられています、具体的には、20...

【Q】ウテメリン注の常温における安定性は?

【A】ウテメリン注50mgは2〜8℃と冷所保存すえる必要がある薬剤です。 ウテメリン注50mgはアンプルが未開...

【Q】レバミピド錠・顆粒 (後発品) 簡易懸濁可否は?

レバミピド錠 100mg「アメル」:◎ レバミピド顆粒 20%「アメル」:×(共和薬品工業株式会社 レバミピド...

【Q】クラリスロマイシン(後発品)簡易懸濁可否は?

・クラリスロマイシン錠「CH」:◎(長生堂製薬株式会社 簡易懸濁試験結果) ・クラリスロマイシン錠「サ...

【Q】ノルスパンテープから他のオピオイド製剤に切り替える際の投与量は?

【A】ノルスパンテープ5mgの放出速度は5μg/hr(ノルスパンテープIFより)と推定されています。Buprenorphi...

更新記事

【Q】ノボリンR注フレックスペンを開封し、使用していたものはどれくらい安定か?

【A】使用中のノボリンR注フレックスペンは常温で42日間安定すると考えられます。   ノボリンR注フ...

【Q】フォルテオ患者さん指導用パンフレットはありますか?

【A】日本イーライリリー株式会社からいくつか患者向け指導資材が作成されています。 ・「フォルテオを...

【Q】マイロターグ点滴静注用の溶解後の安定性は?

【A】マイロターグ点滴静注用は「遮光+冷所」の条件で16時間は安定すると考えられます。 注射用水 5mL...

【Q】クリアクタの生食での溶解後の安定性は?

【A】クリアクター静注用160万注1バイアルに日本薬局方生理食塩液(大塚生食注)20mLを加えて溶解し、25°C...

【Q】パキシルCR12.5mg錠を分割できますか?

【A】パキシルCR錠は「徐放性の2層錠+腸溶性のフィルムコーティング剤」であるため、分割・粉砕すると...

【Q】陰嚢部湿疹にリンデロンV軟膏を塗布することは可能か?

【A】リンデロンV軟膏は「ストロング」に分類されるステロイド軟膏剤です。 陰嚢部は手のひらの40倍以上...

【Q】5-FUのバイアル製剤はいつ発売されましたか?

【A】2013 年 6 月に「5-FU 注 250mg」(バイアル製剤)が薬価収載されました。現在は5-FU 注のアンプル製...

【Q】アスピリン喘息やNSAIDsにアレルギーがある人に対してアザルフィジンなどの5アミノサリチル酸製剤は投与可能か?

【A】アザルフィジンEN錠に含有されている「5-アミノサリチル酸」はアスピリン喘息やNSAIDs喘息を引き起...

【Q】プロマック含嗽液の作り方は?

【A】プロマック含嗽液は「化学療法における口内炎の予防・治療」や「重症口内炎」に用いられる院内製剤...

【Q】ロゼレムは頓服処方で使用可能か?

【A】ロゼレム錠は一過性の不眠症に有効であると考えられ、頓服での使用は可能と考えられます。ただし、...