【Q】レミケード点滴静注用のクローン病に対する期間短縮治療の適用はいつから?

【A】レミケード点滴静注は6週投与以後 、効果が減弱した場合に10mg/kg 8週間隔の増量投与が可能であった。2017年5月より、5mg/kg 4週間隔投与の期間短縮の用法・用量が追加承認された。
 
これまではレミケード点滴静注5mg/kgを初回、2週、6週、以後8週間の間隔で投与し、その後、効果が減弱した患者には増量投与(10mg/kg 8週間隔投与)が可能であった。今回の承認により、期間短縮投与 (5mg/kg 4週間隔投与) も可能となり治療の選択肢が広がったといえる。
(レミケード点滴静注用100 添付文書 第33版)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400315_2399402F1026_1_39.pdf
 
(抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「レミケード®点滴静注用100」
クローン病に関する用法・用量の一部変更承認の取得について(2017年5月18日発表))

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る