【Q】イソバイドシロップ70%の上手な飲み方は?苦味があるため

【A】イソバイドシロップ70%は苦味があるため、非常に飲みづらいとの訴えがある。添付文書には2倍に希釈して経口投与すると記載がある。文献レベルではあるがオレンジジュース、コカ•コーラ、ポカリスエットで倍量希釈すると服薬改善したと報告がある。
以下を参照。
必要によって冷水で2倍程度に希釈して経口投与する。 (効能又は効果/用法及び用量)
(イソバイドシロップ70% 添付文書 第11版)
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/270072_2139001S1060_1_02
 
オレンジジュース、コカ•コーラ、ポカリスエットで倍量希釈することで服薬コンプライアンスが向上するという報告がある。
緑茶は苦味が増すため不可である。
本研究ではオレンジジュースはトロピカーナ100%オレンジ (キリンビバレッジ)を使用。
(参考…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】トフラニール錠 (イミプラミン)は半割可能か?

【A】トフラニール錠10mg / 25mg (イミプラミン塩酸塩)は共に割線がない。 また、苦味があり、舌を麻痺させるため糖衣錠となっているため粉砕は不可となっている。粉砕後は時間経過とともに徐々に着色する。 以上...

【Q】イソバイドシロップ70%の上手な飲み方は?苦味があるため

【A】イソバイドシロップ70%は苦味があるため、非常に飲みづらいとの訴えがある。添付文書には2倍に希釈して経口投与すると記載がある。文献レベルではあるがオレンジジュース、コカ•コーラ、ポカリスエットで倍...

新着記事

ジクトルテープは疼痛部分に鎮痛部位に直接貼る必要はないか?

【Q】ジクトルテープは、使用部位が「胸部、腹部、上腕部、背部、腰部又は大腿部に貼付し」とあり、一方で他の経皮吸収型消炎鎮痛剤では「患部に貼付」とあるが何故か。ジクトルテープの作用は貼付部位のみならず...

【Q】抗インフルエンザ薬とベクルリー点滴静注用100mgの併用は可能か?

【質問】「抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?」を参考にさせていただきました。 ベクルリーについては記載がありませんでしたが、添付文書に禁忌がないので併用可能と考えていいでしょうか? ...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事をもっと見る