【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能です。

40kg以上‥ゾフルーザ20mg 2錠
20kg以上40kg未満‥ゾフルーザ20mg 1錠
10kg以上20kg未満‥ゾフルーザ10mg 1錠

小児における臨床試験では年齢は1歳から11歳 [中央値8歳〕を対象に行なっています。年齢が低く、錠剤が服薬困難な患者への投与方法については現在、正式には公表されていません。錠剤の半割 or 粉砕による投与と考えられます。粉砕後の安定性に関するデータはあると思われます。(正式な公表は現在はなし)

(2018年3月13日更新)

ただし、日本小児科学会より発出されている2019/2020シーズンのインフルエンザ治療指針においては「ゾフルーザ(バロキサビル)は12 歳未満の小児に対する同薬の積極的な投与を推奨しない。」と記載されています。これは小児に対する使用経験が多くないこと、耐性ウイルスの発現が懸念されることが理由となっています。(2020年1月1日更新)

ゾフルーザ顆粒2%分包は今後発売予定ですが。2020年1月現在薬価収載されていません。(2020年1月1日更新)

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】ロトリガ粒状カプセルやエパデールの服薬時における食事量の目安は?

【質問】「ロトリガ粒状カプセル」、「エパデールS」などの食直後服用は、どのような食事、どのくらいの...

【Q】ミニリンメルト錠を服薬中の中枢性尿崩症患者に対してステロイドの併用は禁忌か?

【質問】中枢性尿崩症に対してミニリンメルト錠を内服している患者に「経口もしくは注射のステロイド製...

【Q】散剤の薬価は「g単位」?「包装単位」?

【質問】散剤の薬価は1gあたりですか?1包装あたりですか?内用液など錠剤以外の製剤について知りたいで...

【Q】ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)の予防で使用できる吸入薬はあるか?

【A】ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)の予防目的で使用できる吸入薬は上市されていません。 ただし...

【Q】ゾルゲンスマの英語表記の語尾「-xioi」の意味は?

【質問】薬価1億円超で承認され話題となっている希少疾病SMA治療薬のゾルゲンスマについて、海外の製剤...

【Q】支持体にアルミニウム泊などの金属を有する貼付剤はどのようなものがあるか?

【A】支持体にアルミニウムなどの金属を含む貼付剤があります。金属を含む貼付剤を貼付したままMRIを行...

【Q】「インヴェガ」と「リスパダール」の違いは?

【A】「インヴェガ」の成分であるパリペリドンはリスペリドンの主要代謝物です。リスペリドンを服用する...

【Q】プリミドンとフェノバールの使い分けは?

【A】現在、「プリミドン」は抗てんかん薬として使用されるケースよりも、海外のガイドラインなどから適...

【Q】抗がん剤や麻薬は基本的には一包化しない?

【質問】抗がん剤や麻薬ほどしっかり規則正しく服用してもらう必要があるとおもうのですが、基本的には...

【Q】ステロイドの過敏症やアレルギーの可能性はあるか?治療法は?

【質問】ステロイドに対する過敏症・アレルギーはあり得るのか。その場合の治療法は?ほとんどすべての...

更新記事

【Q】プラビックス (クロピドグレル) とPPIの併用は?

【A】プラビックス (クロピドグレル) は上部消化管出血のリスクがあるため、PPI (プロトンポンプ阻害薬)...

【Q】アンペック坐薬 (レスキュー薬) の投与間隔は?

【A】レスキュー薬として使用する場合、アンペック坐薬の投与間隔は2時間以上とする。 (参考 : がん疼痛...

【Q】イグザレルト錠の手術前休薬期間は?

【A】大手術 (出血のリスクが高い) の場合、イグザレルト錠(リバーロキサバン)の投与を24時間以上中止...

【Q】小児水痘に対するバルトレックスの用量と投与日数は?

【A】体重40kg以上の小児→1回1000mgを1日3回 それ以外の小児→体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mg...

【Q】MRI(核磁気共鳴画像法)の検査時に剥がす必要がある貼付薬は?

【A】本邦ではニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)、ニトロダームTTS(ニトログリセリン経皮吸収...

【Q】ナウゼリン錠 (ドンペリドン) とノバミン錠 (プロクロルペラジン) の併用は可能か?

【A】ナウゼリン (ドンペリドン) は末梢性D2受容体遮断薬であるのに対して、ノバミン (プロクロルペラジ...

【Q】ゾビラックス注 (アシクロビン注) の希釈理由は?

【A】血管障害と腎障害防止のため、ゾビラックス注 (アシクロビン注) は希釈する必要がある。 PH10.4と...

【Q】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を混合した後、ステロイドとしての効果は低下しないのか?

【A】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を1 :1 で混合した場合に常温で8週間安定であるため、製剤...

【Q】ゾフルーザ錠の副作用は?医療従事者向け

【コメント】現時点 (2018年3月14日) ではゾフルーザに関する情報はまだまだ少ない。 成人及び12 歳以上...

【Q】ヘキザック水 RとWの違いは?

【A】ヘキザック水Rは界面活性剤と色素(赤色2号)が含まれている。一方、ヘキザック水Wには界面活性剤...

関連記事

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で小児に推奨されるのは「イブプロフェン」である。海外でも「イブプロフェン」は子供の中で...