【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能です。

40kg以上‥ゾフルーザ20mg 2錠
20kg以上40kg未満‥ゾフルーザ20mg 1錠
10kg以上20kg未満‥ゾフルーザ10mg 1錠

小児における臨床試験では年齢は1歳から11歳 [中央値8歳〕を対象に行なっています。年齢が低く、錠剤が服薬困難な患者への投与方法については現在、正式には公表されていません。錠剤の半割 or 粉砕による投与と考えられます。粉砕後の安定性に関するデータはあると思われます。(正式な公表は現在はなし)

(2018年3月13日更新)

ただし、日本小児科学会より発出されている2019/2020シーズンのインフルエンザ治療指針においては「ゾフルーザ(バロキサビル)は12 歳未満の小児に対する同薬の積極的な投与を推奨しない。」と記載されています。これは小児に対する使用経験が多くないこと、耐性ウイルスの発現が懸念されることが理由となっています。(2020年1月1日更新)

ゾフルーザ顆粒2%分包は今後発売予定ですが。2020年1月現在薬価収載されていません。(2020年1月1日更新)

 

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】低マグネシウム血症の治療方法は?

【A】軽度の場合はマグミット錠などの経口マグネシウム製剤を使用し、重度の場合は、硫酸マグネシウムな...

【Q】薬剤熱とはどのようなものか?

【A】書籍や文献により定義は異なりますが、以下のように定義されています。 ・投与量に依存せず、投与...

【Q】ペニシリンアレルギー患者に対するヘリコバクター・ピロリの除菌方法は?

【A】ペニシリン系抗菌薬が使用不可の患者に対するピロリ菌除菌は 【PPI (ランソプラゾール30mgなど) +...

【Q】プロジフ静注液を生食で希釈して投与することは可能か?

【A】プロジフ静注液は他剤との配合は避け、原液で10mL/分を超えない速度での投与が望ましいと考えられ...

【Q】経管投与時における塩化ナトリウムの推奨濃度は?

経管栄養を行っている患者のナトリウム低下に関しては、一般的に塩化ナトリウムを水で希釈して投与する...

【Q】メインテート錠の1日2回投与は可能か?

【質問】添付文書上、アーチストは1日2回、メインテートは1日1回投与ですが、当院循環器科においてメイ...

【Q】卵アレルギー患者に注意すべき医薬品にはどのようなものがあるか?

【A】卵アレルギー患者は以下の薬剤に注意が必要です。 リゾチーム塩酸塩 (リフラップ軟膏、ムコゾーム...

【Q】ACE阻害薬における空咳の副作用に薬剤による差は存在するのか?

【A】以下のことから、最も空咳の副作用が少ないACE阻害薬は「イミダプリル」であると考えられます。 AC...

【Q】介護施設患者に対してリンゼス錠0.25mgを半錠で服用させているが、残った半錠を翌日服用させてもよいか。

【A】リンゼスは吸湿性があるため、粉砕、一包化ともに不可の薬剤である。 アルミ包装開封後、24時間後...

【Q】ヘリコバクター・ピロリの二次除菌に失敗した場合の対応は?三次除菌は?

保険適応外ですが、いくつかの三次除菌の方法が報告されています。。 三次除菌は「PPI+アモキシシリン15...

更新記事

【Q】レメロン錠15mgの中心線は割線ではないのか?

【A】割線の記載が添付文書にない。割線ではなく、模様である。 レメロン錠15mg  黄色のフィルムコート...

【Q】イトラコナゾールカプセルは「食直後」となっているが、内用液は「空腹時」なのはなぜか。

【A】成分の「イトラコナゾール」は脂溶性が高いため、食事の脂肪成分により、溶解性が上昇します。その...

【Q】ADHDの薬物療法は?

【A】コンサータ錠やストラテラカプセルが治療薬として挙げられます。また、2017年5月にインチュニブ錠...

【Q】こむら返り(腓腹筋痙攣)に効果がある薬剤は?

【A】こむら返り(腓腹筋痙攣)とは、激しい痛みを伴い突然に生じる不随意な筋収縮をさす。 運動中に短...

【NEWS】ゾフルーザ錠の副作用は?医療従事者向け

【コメント】現時点 (2018年3月14日) ではゾフルーザに関する情報はまだまだ少ない。 成人及び12 歳以上...

【Q】ゾフルーザ錠は小児は何歳から使用可能か?

【A】12歳未満の小児に対しては体重別に以下の投与量となり、10kg以上の小児に投与可能です。 40kg以上‥...

【Q】11歳の患者で吸入ができない。内服ではタミフル以外にあるか?

【A】内服の抗インフルエンザ薬はタミフルカプセルとゾフルーザ錠がある。 2018年3月にゾフルーザ錠は発...

【Q】C型慢性肝炎の治療について (ヴィキラックス)

ヴィキラックスは販売中止となりました。   オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナ...

【Q】レボドパ・カルビドパ水和物配合剤(ネオドパストンなど)を内服中の患者が内服困難な場合に、レボドパ注(ドパストンなど)に置き換える場合の換算比は?

【A】経口摂取困難な際には、L-ドパ/DCI配合剤100mgにつきL-ドパ50-100mg程度を静脈内に1-2時間かけて点...

【Q】抗不整脈薬におけるKチャネル遮断薬の作用機序の違いは?

【A】 ソタロール (ソタコール) : 強いβ受容体遮断作用+K(主にIkr) チャネル遮断作用 → 左室機能(↓ ) ...

関連記事

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で小児に推奨されるのは「イブプロフェン」である。海外でも「イブプロフェン」は子供の中で...