【Q】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を混合した後、ステロイドとしての効果は低下しないのか?

【A】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を1 :1 で混合した場合に常温で8週間安定であるため、製剤学的な変化によるステロイドの効果の減弱はないと考えられる。
(参考 : 軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版)

ただし、ステロイド軟膏と保湿剤を1 : 1で混合した場合、ステロイドの濃度は半減しているが、皮膚透過性が1.5倍程度、亢進したことが報告されている。これは保湿剤の吸収促進効果によるものと考えられている。
ステロイド軟膏と保湿剤の混合はステロイドの効果が増加する可能性があるため注意が必要である。
(Obtain M., et al ., Jpn. J. Hosp. Pharm. 122 (8),589-594, 2002)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

新着記事をもっと見る