【Q】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を混合した後、ステロイドとしての効果は低下しないのか?

【A】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を1 :1 で混合した場合に常温で8週間安定であるため、製剤学的な変化によるステロイドの効果の減弱はないと考えられる。
(参考 : 軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版)

ただし、ステロイド軟膏と保湿剤を1 : 1で混合した場合、ステロイドの濃度は半減しているが、皮膚透過性が1.5倍程度、亢進したことが報告されている。これは保湿剤の吸収促進効果によるものと考えられている。
ステロイド軟膏と保湿剤の混合はステロイドの効果が増加する可能性があるため注意が必要である。
(Obtain M., et al ., Jpn. J. Hosp. Pharm. 122 (8),589-594, 2002)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

  • ビジュアルDI内に「イラスト医薬品情報」を追加しました

    2020.10.1
過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】インスリン注射は何単位まで増量可能か?

【質問】1型糖尿病患者において、1日4回のインスリン注射の合計単位数が100を超えてなんとかコントロー...

【Q】ビソルボン吸入液0.2%の量り方は?

【質問】ビソルボンのような瓶の吸入薬はスポイトで量り取って使用するものですか?それともインスリン...

【Q】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応は?

【質問】TPN継続による肝機能悪化について機序、対応が知りたいです。 【A】高カロリー輸液 (TPN) によ...

【Q】マクロライド少量長期投与とは?

【質問】マクロライド少量長期投与について質問です。 「少量」というのは半量なのか、回数を減らすのか...

【Q】「深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症」に対して、イグザレルトやエリキュースには高用量開始であるがリクシアナには記載がない理由は?

【A】リクシアナは、「深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症」の患者に対しては、急性期の適切な初期治療(未...

更新記事

【Q】NSAIDs同士の併用は可能か?

【質問】セレコックスとロキソニンの併用について質問です。 「NSAIDsの重複は疑義」と同僚に言われたの...

【Q】リスペリドン内用液をお茶やコーラと混合して服用することが不可な理由は?

【A】リスペリドン内用液は茶葉抽出飲料 (紅茶、烏龍茶、日本茶等)やコーラにより混合直後から含量が低...

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です...

【Q】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるか?

【質問】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるのでしょうか?また、あるならどのような場合ですか? ...

【Q】輸液混注において、バッグやルートの材質に注意すべきな薬剤は?

【A】輸液バッグやルートの材質はポリエチレン (PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、エチレ...

新着コメント

【Q】マクロライド少量長期投与とは?

【質問】マクロライド少量長期投与について質問です。 「少量」というのは半量なのか、回数を減らすのか...

【Q】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるか?

【質問】漢方の満量処方以外を勧めるケースはあるのでしょうか?また、あるならどのような場合ですか? ...

【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか? 【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高い...

【Q】PCI処置後のクロピドグレル or エフィエントの単剤療法は可能か?

【質問】PCI処置後の虚血性心疾患に対して、バイアスピリン+ (プラビックス or エフィエント)の併用療法...

【Q】コンプラビン錠が大きくて飲めない。粉砕可能か?

【A】粉砕は不可である。クロピドグレル硫酸塩錠 (先発品 : プラビックス) とアスピリン錠 (バイアスピ...

関連記事