【Q】ACE阻害薬における空咳の副作用に薬剤による差は存在するのか?

【A】以下のことから、最も空咳の副作用が少ないACE阻害薬は「イミダプリル」であると考えられます。 ACE阻害薬による副作用は、ブラジキニンの作用増強による空咳が代表的な副作用として知られており、日本人を含む東アジア人において他と比較して高頻度で認められることが報告されている。 ただし、空咳は副作用として認識されることが多いが、高齢者等の誤嚥性肺炎の予防として使用される場合もある。 空咳の副作用が発現したからといって、忍容性の高い同系統薬剤(RAS阻害薬)であるARBへの安易な変更は、高齢者の場合には誤嚥性肺炎を助長させる可能性があるため、注意が必要である。 開発治験時における各種ACE阻害薬使用による空咳発生頻度(%)は、以下の通りである。 なお、試験に関しては2 つのACE阻害薬を比較しており、二重盲検試験となっている。 また、試験のほとんどがエナラプリルを対象としていること、全てを同時に直接比較したわけではないことなどを念頭に置く必要がある。 イミダプリル 0.9%(1/108):エナラプリル 7.0%(8/115) シラザプリル 6.8%(10/148):エナラプリル 12.6%(19/151) リシノプリル 7.0%(11/157):エナラプリル 5.6%(9/162) ベナゼプリル 10.6%(12/113):エナラプリル 7.2%(8/111) また、作用機序…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る