【Q】プロジフ静注液を生食で希釈して投与することは可能か?

【A】プロジフ静注液は他剤との配合は避け、原液で10mL/分を超えない速度での投与が望ましいと考えられます。
ただし、プロジフ静注液は生食やブドウ糖5%で希釈しても、配合変化は認められなかったと報告があります。

適用上の注意
1. 他の薬剤及び輸液との混合は避けること。[配合変化試験は実施していない。]
2. 本剤は10mL/分を超えない速度で投与することが望ましい。
(プロジフ静注液100 / プロジフ静注液200 / プロジフ静注液400 添付文書)

 

プロジフ静注液と「生理食塩水(2倍及び100倍希釈)やブドウ糖5%(2倍及び100倍希釈)」を混合した後の配合変化はない。
(注射薬調剤監査マニュアル ファイザー  プロジフ静注液 配合変化資料)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る