【Q】薬剤熱とはどのようなものか?

【A】書籍や文献により定義は異なりますが、以下のように定義されています。

・投与量に依存せず、投与から7-10日後に発症し、薬剤中止により72時間以内に消失する熱
(今日の治療指針2019年版)

・薬剤の投与に随伴して発熱し、薬剤を中止すると解熱する反応で、他の発熱の原因が明らかでないもの
(Patel RA, Pharmacotherapy. 2010 Jan;30(1):57-69 )

また、薬剤熱には作用機序として5つの機序が考えられています。

1) 過敏反応
特徴:数日から3週間程度での発症が多く、随伴症状が様々である。
代表的な薬剤:アロプリノール、抗菌薬、抗けいれん薬など

2) 体温機能調節障害
特徴:熱生産の更新や放散障害による。通常用量では起こりにくい。
代表的な薬剤:抗コリン剤、レボチロキシン、シメチジン

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】薬剤熱とはどのようなものか?

【A】書籍や文献により定義は異なりますが、以下のように定義されています。 ・投与量に依存せず、投与から7-10日後に発症し、薬剤中止により72時間以内に消失する熱 (今日の治療指針2019年版) ・薬剤の投与に随...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る