【Q】点滴バッグの容器の目盛りを目安にして混注しても良いか?輸液調製における計量誤差範囲は?

【質問】注射薬の混合調剤について質問です。500mlバッグの半量を混注に用いる際、バッグに印されている線を目安に用いて調剤することはありますか?また、輸液調製においての計量誤差範囲とはどの程度のものなのでしょうか?予備容量など考え始めるとキリがないかと思うのですが…

【A】点滴バッグに印刷されている線(目盛)はあくまでも目安であるため、それを用いて調製することは避けた方が望ましいと考えられます。

注射薬や点滴製剤の成分によっては、正確な量でなくても大きな問題とならない場合があると考えられますが、「500mlバッグの半量を混注に用いる」場合においても、シリンジを用いて正確な量で行うことが望ましいと考えられます。

バイアルやアンプルなど正確な量を測ることが必要な薬剤の場合には、予備容量を含めて、シリンジで正確な量を計量する必要があります。数mL単位の計量であれば、注射針の外径の大小(16Gや18Gなど)によって残存する薬量の誤差が±5%を超えることもあります。

 

「輸液調製における計量誤差範囲」については明確な基準は定められていません。

しかし、滅菌済み注射筒基準において、5mL以上のシリンジの許容差は±4%以上、5mL未満のシリンジの許容差は±5%以上と規定されています。(厚生省医薬…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る