【Q】自家製剤加算は「割線の有無」や「顆粒と散剤の剤形違い」で算定可能か?

【質問】自家製剤加算について質問です。半錠は「同剤形」に「同規格」がなく割線があれば算定していますが、粉砕は「シロップ」や「散剤」「顆粒剤」など別剤形に変更可能なものがあれば算定していません。「サムスカ錠を粉砕して散剤としているが、顆粒剤しか存在しないため請求が通っている」といったような話を耳にしたのですが、改めて自家製剤加算の要件、条件分けを噛み砕いて教えていただきたいです。

【A】厚生省と審査機関の見解が異なりこともあり、レセプト審査機関による判断のため、明確は回答はできませんが、以下のとおり考えられます。

“「半錠は「同剤形」に「同規格」がなく割線があれば算定しています」”

→自家製剤加算は割線がなくても、均一に半割できると薬剤師が判断すれば、レセプト審査において算定が可能とされる場合があります。例えば、添付文書上において、「フルイトラン錠は割線である」と明確に記載されていませんが、以下のとおり、疑義解釈ではフルイトランなど客観的に均一にできる根拠があれば算定可能と記載されています。

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る