【Q】後発品によって薬価が大きく異なる理由は?薬価の単位は添付文書で確認できるか?

【質問】チモロール点眼XEの薬価を調べていたところ、メーカーによってケタが違うほど差がありました。「包装あたり」「mLあたり」の表記単位がちがうだけなのか、純粋に薬価の差が大きいのか知りたいです。後発品同士で薬価が異なる理由はなんなのでしょうか?また、記載されている薬価がいくら(量)あたりなのかは添付文書などで確認できますか?

 

【A】「薬価当たりの単位数」は添付文書で確認することはできません。厚生労働省が公開している「薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について」などにおいて、確認することができます。

チモロールXE点眼液やチモロール点眼液は「mLあたり」で薬価が設定されています。

チモロール点眼液0.25%0.5%の後発品の薬価はそれぞれ55.7円、79円に統一されていますが、チモロールXE点眼液0.25%に関しては薬価に大きな差が生じています。(例 : 「杏林」34.3円/mL、「ニットー」261.70円/mL)

後発品は薬価基準収載年月が異なれば、薬価に差が生じる可能性があります。しかし、「チモロールXE点眼液0.25%「杏林」」と「チモロールXE点眼液0.25%「ニットー」」は薬価基準収載年月(2013年12月)が同じであるのに、薬価(2020年時点)に大きく差が生じていま…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】散剤の薬価は「g単位」?「包装単位」?

【質問】散剤の薬価は1gあたりですか?1包装あたりですか?内用液など錠剤以外の製剤について知りたいです。   【A】基本的には「ラックビー微粒N」や「ムコダインDS50%」のように、包装とバラの両規格が販...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る