【Q】CTCAEを使用した中止基準と介入例は (抗がん剤以外)?

【質問】副作用の重症度を評価する際にCTCAEのGradeが一つの参考になりますが、重症度を評価できてもどの辺りからそれが被疑薬の中止や治療薬追加の提案の必要があるかまでは記載されていません(抗がん剤であれば添付文書に記載されていますが)。これについて参考になる基準、もしくは実際の介入例があれば教えていただきたいです。

 

【A】CTCAEは「有害事象の共通用語規準」の略です。National Cancer Institute (アメリカ国立がん研究所) のCancer Therapy Evaluation Program(CTEP)から公表されており、日本語版はJCOG (Japan Clinical Oncology Group/日本臨床腫瘍研究グループ) が日本語訳を行なっています。

CTCAEはがんの治療法の安全性評価を容易にし、全てのがん領域での有害事象の記録や報告を標準化し、世界共通で使用する目的で開発されたため、有害事象が比較的多いがん領域において使用されることが多くなっています。また、「がん化学療法の臨床試験における副作用評価」に用いられていることから、抗がん剤の添付文書においてCTCAEによる休薬、減量及び中止基準が記載されているものがあります。

例えば、「経口ヌクレオシド系抗悪性腫瘍剤である…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】CTCAEを使用した中止基準と介入例は (抗がん剤以外)?

【質問】副作用の重症度を評価する際にCTCAEのGradeが一つの参考になりますが、重症度を評価できてもどの辺りからそれが被疑薬の中止や治療薬追加の提案の必要があるかまでは記載されていません(抗がん剤であれ...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る