【Q】経鼻チューブ、胃瘻・腸瘻チューブの一般的な内径(外径)は?

【質問】経鼻チューブ、胃瘻・腸瘻チューブの一般的な内径(外径)を教えてください。

【A】カテーテルの太さは医師の経験則や個々の患者背景 (チューブが詰まりやすいなど)を考慮して、チューブ外径が決定されます。そのため、チューブの外径は決まっていませんが、一般的に経鼻、胃瘻、腸瘻で使用される外径を以下にまとめました。外径 1mm = 3フレンチ (1フレンチを3で割った値が外径の長さ(mm)となります。)

・胃瘻チューブは16〜20Frなどが用いられます。16Fr以上が適切とは考えられており、20Frを使用するケースも多く見られています。

・経鼻チューブは胃瘻チューブよりも内径が小さいものが用いられており、5〜12Frが適切とされています。外径 8〜12Frのチューブが繁用されていると報告もあります。鼻翼の潰瘍や鼻中隔潰瘍・壊死、副鼻腔炎、中耳炎などの合併症予防のために細径でやわらかいカテーテルがよいとされています。

経鼻カテーテル留置に関連した合併症を防止するために適切な口径 (5〜12Fr) の経腸栄養専用カテーテルを用いる。(静脈経腸栄養ガイドライン 第3版)

・腸瘻は胃瘻の中を通す場合は9Fr前後の細いチューブを使用する。直接腸瘻を造る場合は20Frでも…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ジスロマックSRは胃瘻や腸瘻から投与可能か?

【A】ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g (シロップ用アジスロマイシン水和物) の簡易懸濁法に関するデータはないが、もともと懸濁して使用する製剤であるため胃瘻は可能と考えられる。(更新日時点)。 ジスロ...

新着記事

病院における添付文書・インタビューフォームの保管状況

【質問】添付文書・インタビューフォームの保管についてお聞きします。 当院では災害時等のオフライン環境下で閲覧できるように印刷した上で保管しておりますが、 他施設ではどうされていますでしょうか? 【A】A...

外来の妊婦に対するインフルエンザ治療薬の選択は?

【A】オセルタミビル(商品名 : タミフル)は妊婦に対して安全かつ効果的であるとの豊富な情報1,2があります。また、吸入薬であるラニナニビル(商品名 : イナビル)は、体への暴露が少ないため、問題ないとされてお...

ダイアップ坐剤10㎎は終末期の苦痛に対して保険審査が通るか?

【質問】終末期の方です。ダイアップ坐剤10㎎が苦痛時で処方されました。適応外になりますが、保険はとおるのでしょうか? 【A】終末期の成人患者における苦痛緩和のためにダイアップ坐剤10㎎が処方される場合、...

新着記事をもっと見る