【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →病院が薬局に支払い(病院と患者の会計やりとりは不明) →他の薬とともにアセリオを薬局から患家に配達といった行為は法律上可能なのでしょうか?

【A】アセリオは添付文書上、処方箋医薬品に分類されています。
薬局医薬品である処方箋医薬品については、薬局から病院に対して販売することができます。

「他の薬とともにアセリオを薬局から患家に配達といった行為」については、病院から薬局に薬を譲り渡すことはできないため、不可です。ただし、あくまで配達員として、患者に渡すのであれば、可能との解釈もできるのではないでしょうか。

※薬局医薬品とは、薬局製造販売医薬品(薬局製剤)を含む一般用医薬品以外の医薬品。

 

薬局医薬品のうち、処方箋医薬品については、薬剤師、薬局開設者、医薬品の製造販売業者、製造業者若しくは販売業者、医師、歯科医師若しくは獣医師又は病院、診療所若しくは飼育動物診療施設の開設者 (以下「薬剤師等」 という。) が業務の用に供する目的で当該処方箋医薬品を購入し、又は譲り受けようとする場合に販売 (授与を含む。以下同じ。)する場合を除き、新法第49条第1項の規定に基づき、医…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →病院が薬局に支払い(病院と患者の会計やりとりは不明) →他の薬とともにアセリオを薬局から患家に配達といっ...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る