【Q】「水溶性ビタミンは摂りすぎても尿から排出されるため過剰症の心配はほとんどない」というのは透析患者、腎機能低下患者においては状況がかわるか?

【質問】「水溶性ビタミンは摂りすぎても尿から排出されるため過剰症の心配はほとんどない」というのは透析患者、腎機能低下患者においては状況がかわりますか?

【A】日本人の食事摂取基準によると、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸に耐容上限量が設定されており、サプリメント等の過剰摂取で健康への影響が出ることがわかっています。 例えば65歳〜74歳男性におけるそれぞれの1日の推奨量と(耐容上限量)は ナイアシン:14mgNE(300mgNE) ※NE・・・ナイアシン当量 ビタミンB6:1.4mg(50mg) 葉酸:240μg(900μg) であるため、耐容上限量に達するには推奨量の数倍ないし数十倍の摂取を要します。 透析患者や腎機能低下患者においては水溶性ビタミンの排泄が遅延し、この影響は強く出ることは予想されます。腎機能低下患者においてどのくらいから過剰摂取となり得るかはわかりませんが、少なくとも上記3つの水溶性ビタミンを含むサプリメント等の常用は控える必要もあるかもしれません。(会員からの回答)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】「水溶性ビタミンは摂りすぎても尿から排出されるため過剰症の心配はほとんどない」というのは透析患者、腎機能低下患者においては状況がかわるか?

【質問】「水溶性ビタミンは摂りすぎても尿から排出されるため過剰症の心配はほとんどない」というのは透析患者、腎機能低下患者においては状況がかわりますか? 【A】日本人の食事摂取基準によると、ナイアシン...

新着記事

ジクトルテープは疼痛部分に鎮痛部位に直接貼る必要はないか?

【Q】ジクトルテープは、使用部位が「胸部、腹部、上腕部、背部、腰部又は大腿部に貼付し」とあり、一方で他の経皮吸収型消炎鎮痛剤では「患部に貼付」とあるが何故か。ジクトルテープの作用は貼付部位のみならず...

【Q】抗インフルエンザ薬とベクルリー点滴静注用100mgの併用は可能か?

【質問】「抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?」を参考にさせていただきました。 ベクルリーについては記載がありませんでしたが、添付文書に禁忌がないので併用可能と考えていいでしょうか? ...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事をもっと見る