【Q】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か?

【質問】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か。 保険でない場合、医師が投与制限なく処方され疑義照会を行います。 疑義照会の時に自費処方箋でも投与制限に該当するのか聞かれます。 自費処方箋でも、投与制限以上の投与は不可となる根拠が記載された資料があればお願いします。

【A】サノレックス錠は(マジンドール)は「麻薬及び向精神薬取締法」により「向精神薬」に指定されています。また、「保険医療機関及び保険医療養担当規則や掲示事項等告示」により「向精神薬」であるマジンドールは投薬期間の上限を14日に制限されています。

しかし「保険医療機関及び保険医療養担当規則や掲示事項等告示」とは保険診療に関するものであり、自費処方箋には該当しません。

「薬剤師法第24条」の向精神薬処方せん応需の項においては「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときには、その処方せんを交付した医師、歯科医師、又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはなりません。」と記載されています。14日を超える処方日数が、予見することができる必要期間に従ったものであるかどうか、向精神薬を不正に入手する目的ではないかどうかを正しく判断できるのかが重要であると考えられます。偽造処方箋ではないかなどの確認も必要です。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か?

【質問】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か。 保険でない場合、医師が投与制限なく処方され疑義照会を行います。 疑義照会の時に自費処方箋でも投与制限に該当するのか聞かれます。 自費処方...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る