【Q】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か?

【質問】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か。 保険でない場合、医師が投与制限なく処方され疑義照会を行います。 疑義照会の時に自費処方箋でも投与制限に該当するのか聞かれます。 自費処方箋でも、投与制限以上の投与は不可となる根拠が記載された資料があればお願いします。

【A】サノレックス錠は(マジンドール)は「麻薬及び向精神薬取締法」により「向精神薬」に指定されています。また、「保険医療機関及び保険医療養担当規則や掲示事項等告示」により「向精神薬」であるマジンドールは投薬期間の上限を14日に制限されています。

しかし「保険医療機関及び保険医療養担当規則や掲示事項等告示」とは保険診療に関するものであり、自費処方箋には該当しません。

「薬剤師法第24条」の向精神薬処方せん応需の項においては「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときには、その処方せんを交付した医師、歯科医師、又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはなりません。」と記載されています。14日を超える処方日数が、予見することができる必要期間に従ったものであるかどうか、向精神薬を不正に入手する目的ではないかどうかを正しく判断できるのかが重要であると考えられます。偽造処方箋ではないかなどの確認も必要です。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か?

【質問】自費処方箋の向精神薬マジンドールは14日以上処方可能か。 保険でない場合、医師が投与制限なく処方され疑義照会を行います。 疑義照会の時に自費処方箋でも投与制限に該当するのか聞かれます。 自費処方...

新着記事

病院における添付文書・インタビューフォームの保管状況

【質問】添付文書・インタビューフォームの保管についてお聞きします。 当院では災害時等のオフライン環境下で閲覧できるように印刷した上で保管しておりますが、 他施設ではどうされていますでしょうか? 【A】A...

外来の妊婦に対するインフルエンザ治療薬の選択は?

【A】オセルタミビル(商品名 : タミフル)は妊婦に対して安全かつ効果的であるとの豊富な情報1,2があります。また、吸入薬であるラニナニビル(商品名 : イナビル)は、体への暴露が少ないため、問題ないとされてお...

ダイアップ坐剤10㎎は終末期の苦痛に対して保険審査が通るか?

【質問】終末期の方です。ダイアップ坐剤10㎎が苦痛時で処方されました。適応外になりますが、保険はとおるのでしょうか? 【A】終末期の成人患者における苦痛緩和のためにダイアップ坐剤10㎎が処方される場合、...

新着記事をもっと見る