【Q】動注用のアイエーコールと点滴静注用シスプラチンの違いは?

【質問】動注用のアイエーコール(シスプラチン)と抗がん剤のシスプラチンは何が違うのでしょうか。 当院はシスプラチンを動注用に使用しているようなのですが、アイエーコールがごく稀に動くことがあり、違いを教えていただきたいです。本来はシスプラチンを動注用に使用してはいけないのでしょうか。

【A】アイエーコールは通常 (点滴静注用) のシスプラチンを「肝動注療法」に使いやすくした製剤です。具体的にはアイエーコールはシスプラチンの原薬を細かく粉末化させることで、高濃度かつ少ない液量で調製が可能となった粉末状の製剤です。微粉末状の製剤にした理由は、表面積が大きくし、水に溶けやすくするためです。アイエーコールは用時溶解して使用します。通常のシスプラチンの濃度は0.5mg/mLですが、アイエーコールは3倍の濃度に調製できるようになりました。

肝動注療法とは?

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る