【Q】フィブラストスプレー®は塗布後、洗い流してもいいか?

【A】30秒で、FGF受容体に吸着するため、30秒経てば洗い流しても問題ない。(科研製薬 学術)
以下、科研製薬のHPより抜粋
1. スプレー後は、30秒程度静置し、患部を被覆材で覆う。
2. 本剤は創面の細胞の受容体に結合し作用するので、他の外用剤と併用する場合は、創面を洗浄清拭後、本剤を先に噴霧し、30秒程度静置した後他の外用剤を使用する。

キーワード検索

新着記事

【Q】腎機能の基礎知識と計算方法は?わかりやすくまとめてほしい

【A】腎機能はGFR(糸球体濾過量)から評価することができます。GFR(糸球体濾過量)とは「単位時間当たりに...

患者 (血清クレアチニン値(Scr) 0.7mg/dl、体重45kg、72歳女性) に『ザイザル®』錠を投与したい。用量は?

【A】 『ザイザル』はCcrにより4段階の用量に決められています。 成人患者の腎機能に対応する用法・用量...

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。...

【Q】「ノベルジン錠50mg」と「プロマックD錠75mg」のZn含有量の換算は?

【質問】「ノベルジン錠50mg」と「プロマックD錠75mg」の対応量としては、それぞれ1錠中のZn含有量は50m...

【Q】味覚障害に対して「プロマック」を使用した場合に保険が切られる可能性はあるか?

【質問】審査支払機関の審査情報提供事例によると、プロマックを味覚障害に適応外使用することは保険審...

【Q】「ロゼレム」は夕食後又は夕食後2時間(夕食間)の服用が適切か?

【質問】「ロゼレム錠」は添付文書上、就寝前に投与であるが、メラトニンが分泌し始める夕食後に服用し...

【Q】輸液を点滴中の患者に側管からKCL注を投与するのは可能か?(希釈濃度、速度)

【Q】末梢静脈から投与する場合、「KCL注20mEq/20mL」は添付文書上40mEq/L以下に希釈して投与する必要が...

【Q】抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の違いは?

【A】「抑肝散加陳皮半夏」と「抑肝散」の添付文書上の適応は同じである。 「抑肝散加陳皮半夏」は「抑...

【Q】アネキセート注射液はGABA作動薬であるバルビツール酸系薬剤の作用も拮抗するのか?

【A】「アネキセート注射液」は「フェノバルビタール」などのベンゾジアゼピン受容体に作用しない薬剤に...

【Q】硫酸マグネシウムは院内製剤で1回服用量30mL(1日量の場合100mL)として調製。水溶液にする理由は?

【A】硫酸マグネシウム水和物の添付文書には『硫酸マグネシウム水和物として1回5~ 15g を多量の水ととも...

更新記事

【Q】牛乳アレルギー児に対して、散薬の賦形は乳糖の使用は可能か。

【A】牛乳アレルギーは「カゼイン、乳清タンパク(α、β-ラクトグロブリンなど)」をアレルゲンとするた...

【Q】緑内障患者(閉塞隅角ではない)の患者にPL顆粒は禁忌なのか?

【A】「PL配合顆粒」などの抗コリン作用がある薬剤は閉塞隅角緑内障の患者でなければ、眼圧にほとんど影...

【Q】ビオスリー配合散の小児薬用量は? (5歳、体重18kg)

【A】Augsberger式から5歳で体重が18kgであれば、0.63mg〜1.26mg/日が目安となります。 ただし、『ビオ...

【Q】小児にあせも水を使用したい。タルク・酸化亜鉛は舐めたり、口に入っても無害であるか?

【A】タルク、酸化亜鉛は経口の場合は、実際上はほとんど無害であると考えられます。しかし大量に誤飲し...

【Q】小児に使用できるNSAIDsは?

【A】小児における解熱鎮痛剤の第一選択は「アセトアミノフェン」と考えられますが、非ステロイド性抗炎...

【Q】カロナール (アセトアミノフェン) は胃腸障害の発現があるか?空腹時投与可能か?

【A】カロナールは胃腸障害のリスクを増加させることはなく、空腹時投与も可能と考えられます。空腹時投...

【Q】漢方薬は「食前」と「食後」で効果や副作用に違いがあるか?

【質問】漢方薬の用法は、添付文書に一律「食前投与」と記載されていますが、「食前投与」と「食後投与...

【Q】ナウゼリン錠は食後投与でも効果が低下しないか?

【A】ナウゼリン錠の効果を最大化させるためには食前投与が望ましいと考えられます。 ナウゼリン錠は食...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...