【Q】イナビルとラピアクタ点滴静注液との併用は可能か?

【A】イナビルとラピアクタ点滴静注(成分名:ペラミビル)は剤型が異なりますが両剤ともノイラミニダーゼ阻害です。イナビルとラピアクタの併用群と単剤群で比較した報告はこれまでにありません。共にノイラミニダーゼであること考慮すると併用することによる効果は期待しにくいとは考えられます。。

 

• 重症患者にタミフルとラピアクタを併用した症例はある。『症例 4歳 男児 インフルエンザA/H1N1  急性脳症 JCS20』(小児内科 Vol.48 No.6,2011-6)

•『タミフル』単独の方が『タミフル+リレンザ』併用より有効性が高い。また、『リレンザ』は『タミフルとリレンザ』の併用と有効性は変わらないという報告がある。(PLoS Med 7, 2010)

• タミフル単剤よりも『タミフル+アマンタジン』や『タミフル+リバビリン』併用群の方が効果が高い可能性があると報告がある。(Lancet Infect Dis. 2017 Dec;17(12):1255-1265)

これらから作用機序が同じ抗インフルエンザ薬であれば、効果は減弱する可能性はあるが、作用機序が異なる抗インフルエンザ薬であれば、抗ウイルス効果は高くなる可能性があると考えられる。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

  • ビジュアルDI内に「イラスト医薬品情報」を追加しました

    2020.10.1
過去のお知らせ一覧

CloseDiが書籍化されました

新着記事

【Q】アブストラル舌下錠やイーフェンバッカル錠を1回2錠で使用することは可能か?

【質問】アブストラルやイーフェンなど、舌下やバッカルの薬についても200μg錠≒100μg×2錠として使用する...

【Q】カラーコンタクトレンズに使用できない目薬がある理由は?

【質問】ソフトコンタクトにベンザルコニウムがダメージを与えるというのは耳にしますが、カラコンだけ...

【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか? 【回答】経口鉄剤は胃や十二...

【Q】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」の違いは?

【質問】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」のちがいは何ですか? 薬剤の用量調節が必要なのはどう...

【Q】鶏眼に対するスピール膏の連続貼付期間は?

【質問】魚の目に対するスピール膏は何日間くらい貼り続けるのが一般的でしょうか?また、芯はぽろんと...

更新記事

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】ヘパリンロック10単位や100単位製剤の使い分けは?

【質問】ヘパリンロックについて質問です。ロック時間により使い分けることがあるかと思いますが、これ...

【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか? 【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高い...

【Q】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は必須か?

【質問】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は、帳簿にページ数を記載していれば省略可能でし...

【Q】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素の鎮痛補助に関する作用機序は?

【質問】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素が鎮痛補助剤として使われる場合の機序は...

新着コメント

【Q】ユベラとユベラNの違いは?

【質問】ユベラとユベラNの違い、使い分け、また互いの用量換算について教えてください 【A】ユベラN と...

【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか? 【回答】経口鉄剤は胃や十二...

【Q】鶏眼に対するスピール膏の連続貼付期間は?

【質問】魚の目に対するスピール膏は何日間くらい貼り続けるのが一般的でしょうか?また、芯はぽろんと...

【Q】「服薬後フォロー」は加算があるか?医師の指示が必要か?薬歴記載様式があるか?

【質問】「服薬後フォロー」というのは特に加算や医師の指示、薬歴記載様式はないものでしょうか? 【A...

【Q】プレフィルドシリンジを使って別のアンプルから薬液を採取することは可能か?

【質問】調剤薬局での無菌調剤の際、物品の入荷に時間がかかるのですが、同患者の調製に使ったプレフィ...

関連記事

【Q】『イナビル』吸入剤は何歳から吸入可能か?

【A】添付文書上では『イナビル』の吸入に年齢制限はなく、吸入可能と考えられる年齢から使用できます。『イナビル』の臨床試験時での最年少使用患者は3歳でした。しかし4〜6歳の患者は製薬メーカーから提供され...

【Q】イナビルは予防投薬できるのか?用量は?

【A】イナビルの予防投与は可能である。 成人、10歳以上‥2キットを単回吸入 or 1キットを1日1回、2日間吸入 10歳未満‥1キットを単回吸入   予防に用いる場合 成人:ラニナミビルオクタン酸エステルとして40m...

【Q】タミフルの透析患者に対する用量は?

【A】クレアチニンクリアランスが10mL/分以下の患者へのタミフルの推奨用量は確立していない。 以下を参考に投与する。 透析患者はタミフルを5日間で1回1カプセル(オセルタミビルとして75mg)のみ服用することで...