【Q】タミフルにCYP2C8阻害作用があるか?トレプロスト投与患者に対してタミフルを使用した。

【A】タミフルにCYP2C8阻害作用はないと考えられる。P450分子種に関する相互作用はほとんど認められていない。
トレプロスト (トレプロスチニル)は肺動脈性肺高血圧症に使用される薬剤で、主にCYP2C8(一部CYP2C9)により代謝される。
トレプロストと相互作用のある薬剤として、CYP2C8により代謝されるワルファリンやCa拮抗剤などがあげられる。

 

併用注意
降圧作用を有する薬剤

・カルシウム拮抗剤
・アンジオテンシン変換酵素阻害剤
・利尿剤
・プロスタグランジンE1、E2、I2誘導体製剤等

抗凝血剤
ワルファリン等

血栓溶解剤
ウロキナーゼ等

血小板凝集抑制作用を有する薬剤

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

外来の妊婦に対するインフルエンザ治療薬の選択は?

【A】オセルタミビル(商品名 : タミフル)は妊婦に対して安全かつ効果的であるとの豊富な情報1,2があります。また、吸入薬であるラニナニビル(商品名 : イナビル)は、体への暴露が少ないため、問題ないとされてお...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る