【Q】ADHDの薬物療法は?

【A】コンサータ錠やストラテラカプセルが治療薬として挙げられます。また、2017年5月にインチュニブ錠、2019年12月にビバンセカプセルが発売されました。コンサータ錠は第1種向精神薬、ビバンセカプセルは覚せい剤原料であり、これらの薬剤はADHD適正流通管理システムでの登録、確認を行い、調剤することが必要です。

【ADHD適正流通管理システムは2019年12月2日より、ADHD適正流通管理システムが稼働する。2020年6月30日までが、新システムへの移行期間となる。2020年7月1日以降でコンサート錠やビバンセカプセルを出す場合は、2020年6月30日までにADHD適正流通管理システムに登録する必要がある。2021年1月1日以降はすべての患者登録の確認や調剤内容登録が必要となる。】

コンサータ錠
・1日1回朝に服薬
・18mg/日→27mg/日→36mg/日→54mg/日 と増量していく。
・効果の発現が早く、12時間作用することが特徴である。
・薬価が高いことが難点。
・第1種向精神薬であり、ADHD適正流通管理システムでの管理が必要

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】インチュニブ錠の特徴とは? 注意点は?

【A】コンサータと異なり、登録医師の確認は不要である。また、副作用の傾眠、血圧低下、頭痛などに注意が必要である。 適応 : 小児期における注意欠陥 / 多動性障害 (AD / HD) 特徴のまとめ 2009年にアメリカで...

【Q】ADHDの薬物療法は?

【A】コンサータ錠やストラテラカプセルが治療薬として挙げられます。また、2017年5月にインチュニブ錠、2019年12月にビバンセカプセルが発売されました。コンサータ錠は第1種向精神薬、ビバンセカプセルは覚せい...

新着記事

【Q】ダイアート錠の後発品は遮光保存であるが、先発品は遮光保存でない理由は?

【質問】ダイアート (AGの「DSEP」も含む) は、添付文書上に【遮光保存】の記載がなく、バラ錠も流通しているのに対して、ジェネリックのアゾセミド「JG」は【遮光保存】の記載があるのは何故でしょうか。 【A】2...

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

新着記事をもっと見る