【Q】小児水痘におけるバラシクロビルの用量は?

 帯状疱疹、水痘:通常,小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与する。ただし,1回最高用量は1000mgとする。 有効成分投与量 バラシクロビル 体重 1回量 6kg 150mg 8kg 200mg 10kg 250mg 12kg 300mg 14kg 350mg 16kg 400mg 18kg 450mg 20kg 500mg 22kg 550mg 24kg 600mg 26kg 650mg 28kg 700mg 30kg 750mg 32kg 800mg 34kg 850mg 36kg 900mg 38kg 950mg 40kg 1000mg …

キーワード検索

新着記事

【Q】橋本病に対してヨード造影剤を使用しても良いか。

【A】橋下病においては、「重篤な甲状腺疾患のある患者」に該当せず、内分泌専門医によりモニタを実施し...

【Q】13歳 (小児)にセレコックス錠は使用可能か?用法や用量は?

【A】日本においては小児におけるセレコックスの安全性は確立していない。アメリカにおいては、体重が25...

【Q】アンカロン錠の透析患者での投与量は?

【A】腎機能正常者と比べて減量する必要はないと思われる。 腎機能正常者と同量を慎重投与する。血液透...

【Q】リスパダール錠は粉砕可能か?

【A】可能であると考えられる。以下を参照。 【Q】リスパダール錠は粉砕可能か?

【Q】ビソノテープは半分に切って貼付することは可能か?

  【A】半分に切っても、有効成分が漏れ出すことはない。また、単位面積当たりのビソプロロールの...

【Q】手術前におけるシロスタゾール錠の休薬期間は?

【A】シロスタゾール錠は48時間で血小板凝集機能回復するため大手術の場合は約3日前に中止することが望...

【Q】ワーファリンの規格で0.25mgはあるか?

【A】ワーファリンの規格で0.25mgは発売されていない。ワーファリン錠0.5mgは割線があるため、半割して0...

【Q】インターフェロンとネクサバール錠 (ソラフェニブ) 投与中の患者にインフルエンザワクチンは投与可能か。

【A】インターフェロン療法中の患者においてインフルエンザワクチンなどの不活化ワクチンは添付文書上で...

【Q】アミオダロン速崩錠を小児に処方したいが 粉砕可能か?

【A】アミオダロン塩酸塩速崩錠100mg「TE」に関する該当資料はない。先発品であるアンカロン錠100の粉...

【Q】ネオーラルカプセルではなく、サンディミュンカプセルを使用するのはどういう症例か?

【A】サンディミュンカプセルは油をベースとした製剤であり、消化管吸収において胆汁分泌量や食事の影響...

人気記事

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。   以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜...

【Q】カチリと亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは?

【A】カチリ=亜鉛華軟膏+フェノール(消毒薬) カチリは亜鉛華軟膏にフェノール(消毒薬)が含有して...

【Q】酸化マグネシウムとPPI・H2遮断薬との相互作用は?

【A】酸化マグネシウムと酸分泌抑制剤 (PPI・H2遮断薬)を併用することにより酸化マグネシウムの緩下作用...

【Q】低用量アスピリンの胃腸障害にH2遮断薬は有効か?ガスターなど

【A】以下の報告1) により、低用量アスピリンの投与時にはH2遮断薬よりもPPIの併用が望ましいと考えられ...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】成人のてんかん発作に対してダイアップ坐剤は使用可能か?

【A】成人のてんかん発作に対してダイアップ坐剤は適応外であるため使用はできない。 (効果・効能) 小児...

【Q】ナルサス錠 (ヒドロモルフォン)と他のオピオイドの換算は?

【A】換算比 ヒドロモルフォン : モルヒネ : オキシコドン = 1 : 5 : 3.3   ヒドロモルフォン6mg...

【Q】ステロイドの換算は?

【A】以下にそれぞれの薬剤の等量換算を記載する。 コルチゾン(商品名コートン)→ 25mg = ヒドロコル...