【Q】アメナリーフ錠とは?

【A】アメナリーフ錠は2017年7月3日に製造販売が承認された。
【コメント】これまでの帯状疱疹治療薬とは異なった作用機序であり、注目度が高い薬剤である。腎機能による用量調節が不要であること、1日1回の投与であることを考慮すると、既存薬よりも大きなメリットがあるといえる。帯状疱疹に対する服用期間は7日間使用とバルトレックスと同じである。以下に特徴をまとめる。

アメナメビルを有効成分とする1日1回投与の帯状疱疹治療薬 これまでの帯状疱疹の治療薬〔アシクロビル(ゾビラックス)、バラシクロビル(バルトレックス)、ファムシクロビル(ファムビル)〕などと作用機序が異なる。水痘・帯状疱疹ウイルス複製の初期段階である2本鎖DNAの開裂及びRNAプライマーの合成に必要なヘリカーゼ・プライマーゼ複合体の活性を直接阻害することで、ウイルスの増殖を抑制する。 バラシクロビルを対照とした帯状疱疹患者を対象とした第III相二重盲検比較試験〔非劣勢試験〕において、バラシクロビルに対する非劣性が示されている。 アメナメビルは、核酸類似体の既存薬とは作用機序が異なるために交差耐性を示さない アメナメビルは主に糞中に排泄されるため、腎機能による薬物動態への影響が小さく、クレアチニンクリアランスに応じた投与量設定の必要性がない。既存の薬(アシクロビル(ゾビラックス)、バラシクロビル(バルト…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】口唇ヘルペスの軟膏はなにがあるか。

【A】以下の薬剤が挙げられる。 ゾビラックス軟膏5% (アシクロビル軟膏) ゾビラックスクリーム5% (アシクロビルクリーム) アラセナ-A軟膏3% (ビダラビン軟膏) アラセナ-Aクリーム3%(ビダラビンクリーム) ...

【Q】アメナリーフ錠とは?

【A】アメナリーフ錠は2017年7月3日に製造販売が承認された。 【コメント】これまでの帯状疱疹治療薬とは異なった作用機序であり、注目度が高い薬剤である。腎機能による用量調節が不要であること、1日1回の投与...

【Q】ゾビラックス注 (アシクロビン注) の希釈理由は?

【A】血管障害と腎障害防止のため、ゾビラックス注 (アシクロビン注) は希釈する必要がある。 PH10.4と強アルカリ性のため、血管障害が危惧される。また、アシクロビルを急速に高用量で静脈内投与したところ、腎...

【Q】小児水痘におけるバラシクロビルの用量は?

 帯状疱疹、水痘:通常,小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与する。ただし,1回最高用量は1000mgとする。 有効成分投与量 バラシクロビル 体重 1回量 6kg 150mg 8kg 200mg 10kg 25...

新着記事

ジクトルテープは疼痛部分に鎮痛部位に直接貼る必要はないか?

【Q】ジクトルテープは、使用部位が「胸部、腹部、上腕部、背部、腰部又は大腿部に貼付し」とあり、一方で他の経皮吸収型消炎鎮痛剤では「患部に貼付」とあるが何故か。ジクトルテープの作用は貼付部位のみならず...

【Q】抗インフルエンザ薬とベクルリー点滴静注用100mgの併用は可能か?

【質問】「抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?」を参考にさせていただきました。 ベクルリーについては記載がありませんでしたが、添付文書に禁忌がないので併用可能と考えていいでしょうか? ...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事をもっと見る