【Q】ゾビラックス注 (アシクロビン注) の希釈理由は?

【A】血管障害と腎障害防止のため、ゾビラックス注 (アシクロビン注) は希釈する必要がある。
PH10.4と強アルカリ性のため、血管障害が危惧される。また、アシクロビルを急速に高用量で静脈内投与したところ、腎障害の発現が報告されている。
(ゾビラックス点滴静注用250 医薬品インタビューフォーム 第9版)

1 バイアル(アシクロビル250mgを含有)を日局注射用水 又は日局生理食塩液10mLに溶解し、投与量に相当する量 を 1 バイアル当たり100mL以上の補液で希釈する(用時調製)
(ゾビラックス点滴静注用250 添付文書引用  第15版)

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】口唇ヘルペスの軟膏はなにがあるか。

【A】以下の薬剤が挙げられる。 ゾビラックス軟膏5% (アシクロビル軟膏) ゾビラックスクリーム5% (アシクロビルクリーム) アラセナ-A軟膏3% (ビダラビン軟膏) アラセナ-Aクリーム3%(ビダラビンクリーム) ...

【Q】アメナリーフ錠とは?

【A】アメナリーフ錠は2017年7月3日に製造販売が承認された。 【コメント】これまでの帯状疱疹治療薬とは異なった作用機序であり、注目度が高い薬剤である。腎機能による用量調節が不要であること、1日1回の投与...

【Q】ゾビラックス注 (アシクロビン注) の希釈理由は?

【A】血管障害と腎障害防止のため、ゾビラックス注 (アシクロビン注) は希釈する必要がある。 PH10.4と強アルカリ性のため、血管障害が危惧される。また、アシクロビルを急速に高用量で静脈内投与したところ、腎...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る