【Q】イントラリポスは他の輸液製剤で希釈可能か?配合変化は?

【A】イントラリポス添付文書の〔重要な基本的注意欄〕に「本剤に他の薬剤を混合しないこと」と記載があるため、希釈は不可である。他の薬剤と混合すると経時的に粒子系が粗大化される可能性があるためである。
(参考 : イントラリポス輸液 添付文書 第11版)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/180079_3299504A4032_1_04.pdf
しかし、イントラリポス輸液20%100mlと他の輸液を混合し、微粒子数を測定したところ、生理食塩液、ヴィーンD輸液、ソルデム3輸液、アミノフリード輸液、アミノトリパ1号輸液において、経時的に粒子の粗大化が認められたが、5%ブドウ糖液には経時的に粒子の粗大化が認められなかったと報告されている。
よって基本的にはイントラリポス輸液の希釈は不可であるが、小児科領域でイントラリポス輸液の希釈が不可欠であれば、5%ブドウ糖液を使用した希釈も選択肢の一つと考えられる。ただし、脂肪乳剤は白濁しており粒子の粗大化がわかりに…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • ビジュアルDIを「薬剤師イラスト素材集」にアップデートしました。

    2021.3.6

    講演会や勉強会開催でのスライド資料作成や実習生への指導などに役に立つ「素材集」です。

    プレミアム会員のみがダウンロードできます。

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】ミネブロの副作用に頻尿や多尿はないか?

【質問】ミネブロの副作用に頻尿や多尿はないのですか? セララ、アルダクトン同様に利尿剤の分類だと思...

【Q】両面アルミPTP包装のメリットは?

【質問】両面アルミ包装の薬剤は湿気や光に弱い薬剤が多いかと思いますが、アジレクトは一包化可能であ...

【Q】居宅療養管理指導の契約書内の記名押印はシャチハタが有効か?

【質問】居宅訪問の契約書について、記名押印をもらう際にシャチハタは有効ですか? 必ず認印でなければ...

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

更新記事

【Q】期限切れ麻薬の帳簿の記録方法は?

【質問】期限切れ麻薬について 期限が切れてから廃棄するまでの間があいてしまう場合、廃棄完了までの間...

【Q】分注後のプリビナ点眼の期限は?

【質問】分注後のプリビナ点眼は蓋をすれば期限いっぱいまで使えるのでしょうか? 一度開封した時点で無...

Q. 心不全に使用されるβ-遮断薬のカルベジロールとビソプロロールの違いは?

カルベジロール (アーチスト)  β1/β2+α 受容体を遮断 →立ちくらみがしばしば出ることがある 降圧効果 ...

【Q】気密容器で微生物の侵入は防げるか?

【質問】気密容器で微生物の侵入は防げますか? 気密容器は「通常の取扱、運搬又は保存の状態において、...

【Q】ネリプロクト軟膏と強力ポステリザン軟膏はどちらがステロイドランクが高いか?

【A】「ネリプロクト軟膏」の成分は「ジフルコルトロン吉草酸エステル (ネリゾナ軟膏)」と同じです。そ...

新着コメント

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

【Q】分注後のプリビナ点眼の期限は?

【質問】分注後のプリビナ点眼は蓋をすれば期限いっぱいまで使えるのでしょうか? 一度開封した時点で無...

Q. 心不全に使用されるβ-遮断薬のカルベジロールとビソプロロールの違いは?

カルベジロール (アーチスト)  β1/β2+α 受容体を遮断 →立ちくらみがしばしば出ることがある 降圧効果 ...

【Q】浣腸は連用による耐性が生じるか?

【質問】「直腸にしか働きかけない浣腸は連用による耐性は生じない」「経口大腸刺激性下剤は連用により...

関連記事

【Q】軟膏の配合変化の目安は?

【質問】軟膏の配合変化について質問です。ハンドブックに載っていない組み合わせのとき、みなさんはどのように考えていますか?軟膏、クリーム、o/w、w/oなどいろいろなワードを習いましたが、結局配合しても問...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...