【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、まだまだ十分な情報がありませんが、NaイオンやMgイオンは配合変化を起こしやすいため、塩化ナトリウム、酸化マグネシウム、マグミットなどは他の薬剤と同時に簡易懸濁法を行う際には注意が必要とされています。

錠剤を溶かすとアルカリ性溶液になり、配合変化に注意が必要な薬剤があります。例えば、酸化マグネシウムを懸濁すると、アルカリ性になります。他には以下の通り、不溶性キレートの生成や溶出性の遅延に注意が必要な薬剤があります。

1. 酸化マグネシウム+レボドパ製剤
マドパー配合錠やメネシット配合錠(レボドパ製剤)などは、アルカリ性下において酸化分解するため、酸化マグネシウムと懸濁すると、メラニンを生じ黒色となり、レボドパ製剤の効果が低下することがあります。また、同様にクラリスロマイシンDSやアジスロマイシンDS、リーマス錠も溶液をアルカリ化させるため注意が必要で…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • ビジュアルDIを「薬剤師イラスト素材集」にアップデートしました。

    2021.3.6

    講演会や勉強会開催でのスライド資料作成や実習生への指導などに役に立つ「素材集」です。

    プレミアム会員のみがダウンロードできます。

  • 書籍『医薬品情報のひきだし』(医学書院)発売。

    2020.10.26

    2020年10月26日(月)にCloseDiのコンテンツをベースにした『医薬品情報のひきだし』(B5判、324頁、3600円(税抜)、医学書院)が発売されました。

    ・「医薬品情報に関する問い合わせ→回答」までのストーリーが図として1ページにまとめてあるので、わかりやすく、楽しく読み進められることが特徴です。

    ・表紙や裏表紙の裏はお役立ちツールで本に記載があるQRコードからダウンロード可能です。

    ・CloseDiの閲覧数を参考にした重要度スコアランキングも付録として掲載しています。

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

【Q】期限切れ麻薬の帳簿の記録方法は?

【質問】期限切れ麻薬について 期限が切れてから廃棄するまでの間があいてしまう場合、廃棄完了までの間...

【Q】分注後のプリビナ点眼の期限は?

【質問】分注後のプリビナ点眼は蓋をすれば期限いっぱいまで使えるのでしょうか? 一度開封した時点で無...

【Q】気密容器で微生物の侵入は防げるか?

【質問】気密容器で微生物の侵入は防げますか? 気密容器は「通常の取扱、運搬又は保存の状態において、...

更新記事

Q. 心不全に使用されるβ-遮断薬のカルベジロールとビソプロロールの違いは?

カルベジロール (アーチスト)  β1/β2+α 受容体を遮断 →立ちくらみがしばしば出ることがある 降圧効果 ...

【Q】ネリプロクト軟膏と強力ポステリザン軟膏はどちらがステロイドランクが高いか?

【A】「ネリプロクト軟膏」の成分は「ジフルコルトロン吉草酸エステル (ネリゾナ軟膏)」と同じです。そ...

【Q】DVT (深部静脈血栓症) 再発予防に対してDOACはどれくらいの期間の継続が必要か?

【A】少なくとも3ヶ月間は継続する必要がありますが、DVT (深部静脈血栓症) の再発リスクやDOAC (抗凝固...

【Q】ランソプラゾールの15mg規格のみが「NSAIDs投与時の胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制」の適用となっている理由は?

【A】PPI (プロトンポンプ阻害薬) は低用量であっても「非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又...

【Q】浣腸は連用による耐性が生じるか?

【質問】「直腸にしか働きかけない浣腸は連用による耐性は生じない」「経口大腸刺激性下剤は連用により...

新着コメント

【Q】水剤や点眼剤、貼付剤などに「開封後はなるべく速やかに使用」と記載があるが、どれくらいの期限まで使用可能か?

【質問】「開封後はなるべく速やかに使用」と水剤や貼付剤に記載されていますが、目安となる期間はどれ...

【Q】薬局から病院に点滴などを分譲することは可能か?

【質問】院外薬局に処方できる注射薬には規定がありますが、たとえば アセリオを病院が薬局に分譲依頼 →...

【Q】分注後のプリビナ点眼の期限は?

【質問】分注後のプリビナ点眼は蓋をすれば期限いっぱいまで使えるのでしょうか? 一度開封した時点で無...

Q. 心不全に使用されるβ-遮断薬のカルベジロールとビソプロロールの違いは?

カルベジロール (アーチスト)  β1/β2+α 受容体を遮断 →立ちくらみがしばしば出ることがある 降圧効果 ...

【Q】浣腸は連用による耐性が生じるか?

【質問】「直腸にしか働きかけない浣腸は連用による耐性は生じない」「経口大腸刺激性下剤は連用により...

関連記事

【Q】軟膏の配合変化の目安は?

【質問】軟膏の配合変化について質問です。ハンドブックに載っていない組み合わせのとき、みなさんはどのように考えていますか?軟膏、クリーム、o/w、w/oなどいろいろなワードを習いましたが、結局配合しても問...

【Q】粉剤した錠剤と簡易懸濁法の配合変化は?

【質問】小児の難病患者に粉砕一包化調剤をすることがあります。成人は簡易懸濁法で代用できるケースも増えてきましたが、小児は端数や薬の種類が多いこともあり、難しいのが現状です。そこで、錠剤粉砕したもの...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...

【Q】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能か?

【A】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能と考えられます。 【55°Cで10分で崩壊し、8Frのチューブを通過】とデータがあります。 しかし「ハイドレアカプセル」は抗がん剤であるため、簡易懸濁時には調剤者...