【Q】粉剤した錠剤と簡易懸濁法の配合変化は?

【質問】小児の難病患者に粉砕一包化調剤をすることがあります。成人は簡易懸濁法で代用できるケースも増えてきましたが、小児は端数や薬の種類が多いこともあり、難しいのが現状です。そこで、錠剤粉砕したものや簡易懸濁の際の配合変化はどのように考えれば良いのでしょうか?また、配合不適のものはどれくらいか間隔を開ければ使用できるのでしょうか?

【A】簡易懸濁の配合変化はこちらに記載しました。

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

錠剤粉砕し、同包化した薬剤の配合変化については、十分な情報がありません。ただし、以下のとおり、散剤を混合した薬剤は、色調が変化し、含量の低下や固結することがあります。同様に、錠剤を粉砕し混合した場合も、色調や固結などを常時確認し配合変化の有無を確認する必要があります。

 

例1. アスピリン+(酸化マグネシウム or 炭酸水素ナトリウム or 乾燥水酸化アルミニウムゲル) → 配合変化があるため、別包にする

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】ロトリガ粒状カプセルやエパデールの服薬時における食事量の目安は?

【質問】「ロトリガ粒状カプセル」、「エパデールS」などの食直後服用は、どのような食事、どのくらいの...

【Q】ミニリンメルト錠を服薬中の中枢性尿崩症患者に対してステロイドの併用は禁忌か?

【質問】中枢性尿崩症に対してミニリンメルト錠を内服している患者に「経口もしくは注射のステロイド製...

【Q】散剤の薬価は「g単位」?「包装単位」?

【質問】散剤の薬価は1gあたりですか?1包装あたりですか?内用液など錠剤以外の製剤について知りたいで...

【Q】ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)の予防で使用できる吸入薬はあるか?

【A】ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)の予防目的で使用できる吸入薬は上市されていません。 ただし...

【Q】ゾルゲンスマの英語表記の語尾「-xioi」の意味は?

【質問】薬価1億円超で承認され話題となっている希少疾病SMA治療薬のゾルゲンスマについて、海外の製剤...

【Q】支持体にアルミニウム泊などの金属を有する貼付剤はどのようなものがあるか?

【A】支持体にアルミニウムなどの金属を含む貼付剤があります。金属を含む貼付剤を貼付したままMRIを行...

【Q】「インヴェガ」と「リスパダール」の違いは?

【A】「インヴェガ」の成分であるパリペリドンはリスペリドンの主要代謝物です。リスペリドンを服用する...

【Q】プリミドンとフェノバールの使い分けは?

【A】現在、「プリミドン」は抗てんかん薬として使用されるケースよりも、海外のガイドラインなどから適...

【Q】抗がん剤や麻薬は基本的には一包化しない?

【質問】抗がん剤や麻薬ほどしっかり規則正しく服用してもらう必要があるとおもうのですが、基本的には...

【Q】ステロイドの過敏症やアレルギーの可能性はあるか?治療法は?

【質問】ステロイドに対する過敏症・アレルギーはあり得るのか。その場合の治療法は?ほとんどすべての...

更新記事

【Q】プラビックス (クロピドグレル) とPPIの併用は?

【A】プラビックス (クロピドグレル) は上部消化管出血のリスクがあるため、PPI (プロトンポンプ阻害薬)...

【Q】アンペック坐薬 (レスキュー薬) の投与間隔は?

【A】レスキュー薬として使用する場合、アンペック坐薬の投与間隔は2時間以上とする。 (参考 : がん疼痛...

【Q】イグザレルト錠の手術前休薬期間は?

【A】大手術 (出血のリスクが高い) の場合、イグザレルト錠(リバーロキサバン)の投与を24時間以上中止...

【Q】小児水痘に対するバルトレックスの用量と投与日数は?

【A】体重40kg以上の小児→1回1000mgを1日3回 それ以外の小児→体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mg...

【Q】MRI(核磁気共鳴画像法)の検査時に剥がす必要がある貼付薬は?

【A】本邦ではニコチネルTTS(経皮吸収ニコチン製剤)、ニトロダームTTS(ニトログリセリン経皮吸収...

【Q】ナウゼリン錠 (ドンペリドン) とノバミン錠 (プロクロルペラジン) の併用は可能か?

【A】ナウゼリン (ドンペリドン) は末梢性D2受容体遮断薬であるのに対して、ノバミン (プロクロルペラジ...

【Q】ゾビラックス注 (アシクロビン注) の希釈理由は?

【A】血管障害と腎障害防止のため、ゾビラックス注 (アシクロビン注) は希釈する必要がある。 PH10.4と...

【Q】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を混合した後、ステロイドとしての効果は低下しないのか?

【A】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏を1 :1 で混合した場合に常温で8週間安定であるため、製剤...

【Q】ゾフルーザ錠の副作用は?医療従事者向け

【コメント】現時点 (2018年3月14日) ではゾフルーザに関する情報はまだまだ少ない。 成人及び12 歳以上...

【Q】ヘキザック水 RとWの違いは?

【A】ヘキザック水Rは界面活性剤と色素(赤色2号)が含まれている。一方、ヘキザック水Wには界面活性剤...

関連記事

【Q】粉剤した錠剤と簡易懸濁法の配合変化は?

【質問】小児の難病患者に粉砕一包化調剤をすることがあります。成人は簡易懸濁法で代用できるケースも増えてきましたが、小児は端数や薬の種類が多いこともあり、難しいのが現状です。そこで、錠剤粉砕したもの...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10分を超えて放置しないことが必要です。また、簡易懸濁法の配合変化は、注射薬の配合変化などと比較して、ま...

【Q】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能か?

【A】「ハイドレアカプセル」の簡易懸濁法は可能と考えられます。 【55°Cで10分で崩壊し、8Frのチューブを通過】とデータがあります。 しかし「ハイドレアカプセル」は抗がん剤であるため、簡易懸濁時には調剤者...

【Q】アトルバスタチン(後発品)の簡易懸濁可否は?

アトルバスタチン錠5mg・10mg「アメル」:◎(共和薬品工業株式会社 アトルバスタチン錠5mg「アメル」、アトルバスタチン錠10mg「アメル」の簡易懸濁法に関する資料) アトルバスタチン錠5mg・10mg「サワイ」:◯(...