【Q】ナルサス錠・ナルラピド錠とは?

【ナルサス錠】

ナルサス錠 (ヒドロモルフォン) は1920年代より世界45カ国で発売されている癌性疼痛の治療薬 最大の特徴は1日1回投与の徐放性製剤 グルクロン酸抱合により代謝をうけるためチトクロームP450の代謝を受けない。(フェンタニルなどはチトクロームP450で代謝される) 副作用は他のオピオイド薬と同様に悪心・嘔吐、傾眠、便秘 主要代謝物ではなく、ヒドロモルフォン自体が薬理作用 (μオピオイド受容体に対するアゴニスト) を示す

効能又は効果/用法及び用量
中等度から高度の疼痛を伴う各種癌における鎮痛
通常、成人にはヒドロモルフォンとして4~24mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じて適宜増減する。
規格
ナルサス錠2mg
ナルサス錠6mg
ナルサス錠12mg
ナルサス錠24mg
(ナルサス錠 添付文書)

【ナルラピド錠】

ナルサス錠と同成分のレスキュー薬 服薬後、60%以上で30分未満に効果発現し、95.9%で60分までに効果発現する。(承認時評価資料 : 即放錠 第III相長期試験) 投与後、30分〜1時間で最高血中濃度に達する。

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ナルサス錠・ナルラピド錠とは?

【ナルサス錠】 ナルサス錠 (ヒドロモルフォン) は1920年代より世界45カ国で発売されている癌性疼痛の治療薬 最大の特徴は1日1回投与の徐放性製剤 グルクロン酸抱合により代謝をうけるためチトクロームP450の代謝...

新着記事

ジクトルテープは疼痛部分に鎮痛部位に直接貼る必要はないか?

【Q】ジクトルテープは、使用部位が「胸部、腹部、上腕部、背部、腰部又は大腿部に貼付し」とあり、一方で他の経皮吸収型消炎鎮痛剤では「患部に貼付」とあるが何故か。ジクトルテープの作用は貼付部位のみならず...

【Q】抗インフルエンザ薬とベクルリー点滴静注用100mgの併用は可能か?

【質問】「抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?」を参考にさせていただきました。 ベクルリーについては記載がありませんでしたが、添付文書に禁忌がないので併用可能と考えていいでしょうか? ...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事をもっと見る