【Q】ナルサス錠 (ヒドロモルフォン)と他のオピオイドの換算は?

【A】換算比 ヒドロモルフォン : モルヒネ : オキシコドン = 1 : 5 : 3.3
 

ヒドロモルフォン6mg = モルヒネ経口剤30mg = オキシコドン経口剤20mg = フェントステープ1mg = デュロテップMTパッチ2.1mg = ワンデュロパッチ0.84mg = トラマール錠 200mg
ヒドロモルフォン12mg = モルヒネ経口剤60mg = オキシコドン経口剤40mg = フェントステープ2mg = デュロテップMTパッチ4.2mg = ワンデュロパッチ1.7mg = トラマール錠 300mg
ヒドロモルフォン24mg = モルヒネ経口剤120mg = オキシコドン経口剤80mg = フェントステープ4mg = デュロテップMTパッチ8.4mg = ワンデュロパッチ3.4mg
ヒドロモルフォン36mg = モルヒネ経口剤180mg = オキシコドン経口剤120mg = フェントステープ6mg = デュロテップMTパッチ12.6mg = ワンデュロパッチ5mg
ヒドロモルフォン48mg = モルヒネ経口剤240mg = オキシコドン経口剤160mg = フェントステープ8mg = デュロテップMTパッチ16.8mg = ワンデュロパッチ6.7mg<…

キーワード検索

新着記事

【Q】ノイメチコール錠は粉砕不可であるか?

【A】粉砕不可と考えられる。同成分であるメチコバール錠の粉砕に関する以下の記事を参照。 【Q】メチコ...

【Q】エンシュアのような栄養剤でカリウムの低いものは?腎機能低下患者

【A】保険適応のある医薬品でカリウム含有量が低い製剤はなく、半消化態栄養剤でもっとも少ないものはエ...

【Q】オメプラゾールとネキシウムの換算は1 : 1でよいか?

【A】以下の理由により、オメプラゾール : ネキシウム (エソメプラゾール)用量の換算は1 : 1で問題ない...

【Q】小児にあせも水を使用したい。タルク・酸化亜鉛は舐めたり、口に入っても無害であるか?

【A】タルク、酸化亜鉛は経口の場合は、実際上はほとんど無害であると考えられる。大量に誤飲した場合は...

【Q】パルミコートタービュヘイラーにアルコールは添加されているか?

【A】粉末状の吸入剤であり、アルコールは含有していない。また、添加物は含有しない。 (参考 : パルミ...

【Q】レメロン錠15mgの中心線は割線ではないのか?A

【A】割線の記載が添付文書にない。割線ではなく、模様である。 レメロン錠15mg  黄色のフィルムコート...

【Q】ビタメジン配合カプセルにはビタミンCは含まれているか?

【A】ビタメジン配合カプセルにはビタミンB1、B6、B12が含有しており、ビタミンCは含まれていない。 ベ...

【Q】オキシコドンを処方した患者がシンガポールを旅行する。厚生局に届け出する以外に注意点はあるか?

【A】以下の書式に記載して、提出が必要である。 Bringing Personal Medications into Singapore | HSA ...

【Q】フェジン注とビーフリード輸液は混合していいか?

【A】フェジン注とビーフリード輸液の混合後、24時間は安定と考えられる。 (直後) :  pH6.80 、外観  淡...

【Q】フェジン注とメチコバール注を混ぜて投与してよいか?

【A】フェジン静注とメチコバール注射液の混合は可能と考えられる。 (条件 : 遮光下・24h) 外観・pH・...

人気記事

【Q】ループ利尿薬の換算・使い分けは?

【コメント】フロセミド (ラシックス)は持続時間は短いが高血圧などの適応症が多く、急性期に使いやすい...

【Q】パントール注射液はなぜ腸管麻痺イレウスに効果があるのか?

【A】パントールはアセチルコリンの生成を促す。アセチルコリンを増強することで副交感神経を刺激する。...

【Q】アレジオン点眼液0.05%は小児は何歳から使用可能か?

【A】7歳以上から可能であると考えられる。   以下添付文書 (アレジオン点眼液0.05% 第5版)より抜...

【Q】カチリと亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いは?

【A】カチリ=亜鉛華軟膏+フェノール(消毒薬) カチリは亜鉛華軟膏にフェノール(消毒薬)が含有して...

【Q】リンゼス錠0.25mgの食前投与の理由は?

【A】食前投与に比べて食後投与で軟便、下痢の症状が多かったため食前投与となっている。(健康成人 (第1...

【Q】酸化マグネシウムとPPI・H2遮断薬との相互作用は?

【A】酸化マグネシウムと酸分泌抑制剤 (PPI・H2遮断薬)を併用することにより酸化マグネシウムの緩下作用...

【Q】グーフィス錠が食前投与である理由は?

【A】グーフィス錠は食後よりも食前の方がより便通改善の効果が期待できると考えられる。そのため、グー...

【Q】低用量アスピリンの胃腸障害にH2遮断薬は有効か?ガスターなど

【A】以下の報告1) により、低用量アスピリンの投与時にはH2遮断薬よりもPPIの併用が望ましいと考えられ...

【Q】パタノール点眼液0.1% は小児に対して何歳から使用可能か?

【A】1歳以上から使用可能であると考えられる。   以下添付文書 (パタノール点眼液0.1% 第7版)よ...

【Q】成人のてんかん発作に対してダイアップ坐剤は使用可能か?

【A】成人のてんかん発作に対してダイアップ坐剤は適応外であるため使用はできない。 (効果・効能) 小児...