【Q】ザイティガ錠の減量投与の患者に対するプレドニゾロンの用量は?減量が必要か?

【A】プレドニゾロンの減量基準は明確に記載されているものはなく、プレドニゾロン5mgを1日2回の通常投与でいいと考えられる。以下の詳細を記載する。
 
ザイティガ錠はCYP17阻害作用があるため、コルチゾール (糖質コルチコイド) の合成が低下する。そのため、フィードバック作用が働き、ACTH濃度が上昇する。ACTHは糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドを上昇させる。鉱質コルチロイドが上昇すると高血圧、低カリウム血症、体液貯留/浮腫などの症状を引き起こす。ザイティガ錠を服薬する際には、鉱質コルチロイドを上昇させないために糖質コルチロイド (プレドニゾロン) と併用する必要がある。
 
ザイティガ錠は「1日1回1000mgを空腹時に経口投与」となっているが、臨床検査値や患者の状態から減量して投与する場合もある。その際のプレドニゾロンの減量基準を明確に記載されているものはない。また、国内第2相試験ではプレドニゾロン5mgを1日2回投与されており、これ以外の用法での安全性は確立していない。以上からプレドニゾロン5mgを1日2回の通常投与が適切と考えられる。
(参考 : ザイティガ適正使用ガイド)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】dose-adjusted(DA)-EPOCH-R療法とは何ですか?

【A】非ホジキンリンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫など)に使用される化学療法の一つである。エトポシド、プレドニゾロン、ビンクリスチン、シクロホスファミド、ドキソルビシン、リツキシマブを併用する。 ...

【Q】ステロイドの換算は?

【A】以下にそれぞれの薬剤の等量換算を記載する。 コルチゾン(商品名コートン)→ 25mg = ヒドロコルチゾン(商品名コートリル) → 20mg = プレドニゾロン(商品名プレドニン他) → 5mg = トリアムシノロ...

新着記事

外来の妊婦に対するインフルエンザ治療薬の選択は?

【A】オセルタミビル(商品名 : タミフル)は妊婦に対して安全かつ効果的であるとの豊富な情報1,2があります。また、吸入薬であるラニナニビル(商品名 : イナビル)は、体への暴露が少ないため、問題ないとされてお...

ダイアップ坐剤10㎎は終末期の苦痛に対して保険審査が通るか?

【質問】終末期の方です。ダイアップ坐剤10㎎が苦痛時で処方されました。適応外になりますが、保険はとおるのでしょうか? 【A】終末期の成人患者における苦痛緩和のためにダイアップ坐剤10㎎が処方される場合、...

TEICの初期投与設計はTDMソフトを用いるか?ガイドラインを用いるか?

【質問】テイコプラニン(TEIC)の投与設計について教えてください。 TEICの初期投与設計について、皆さんの施設ではどのように対応されていますでしょうか? TDMガイドラインを参考に初期投与設計を行なっていまし...

新着記事をもっと見る