【Q】アロマターゼ阻害薬使用時のSERMの併用について

【A】2015年度版 乳がん診療ガイドラインには「タモキシフェンにアロマターゼ阻害薬を併用することの有用性はない (グレードD)」、「ラロキシフェンも理論上アロマターゼ阻害薬との相互作用が懸念されるため,アロマターゼ阻害薬使用時にラロキシフェンを併用することは推奨されない。」と記載されていた。

2018年度版 乳がん診療ガイドラインにはこれらの記載は削除されている。2018年度版 乳がん診療ガイドラインの改定にあたり以下の記載がある。

2018年のガイドラインの改定にあたり、「益 (生存期間など)と害 (毒性など)」のバランスを考慮して、2015年までの作成手順を変更した。推奨度の強さを前回までの科学的根拠だけではなく、日常臨床で介入することによって起こる益と害のバランス、患者希望の一貫性、経済的視点を踏まえて決定された。

前版でのグレードの推奨グレード(A、B、C1、C2、D)から推奨の強さ(1、2、3、4)に変更とした。 (参考 : 乳がん診療ガイドライン 2018年度)

2018年度版でアロマターゼ阻害薬使用時のSERMの併用の記載が削除された理由は不明である。

しかし、2020年度に追補された乳がん診療ガイドラインには再び、「ラロキシフェンも理論上ア…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

ノルバデックスとセレコックスの併用に問題はあるか?

【質問】セレコックスはCYP2D6阻害作用があり、中程度(または弱)とあります。 ノルバデックスを服用中の患者様に対し、処方医の整形医師に確認が必要でしょうか。 【A】ノルバデックス(タモキシフェン)は、乳が...

【Q】アロマターゼ阻害薬使用時のSERMの併用について

【A】2015年度版 乳がん診療ガイドラインには「タモキシフェンにアロマターゼ阻害薬を併用することの有用性はない (グレードD)」、「ラロキシフェンも理論上アロマターゼ阻害薬との相互作用が懸念されるため,ア...

新着記事

セフメタゾールの適切な用量設定について

【質問の要約】 CMZ(セフメタゾール)の用量設定について、重症度に応じた高用量使用の根拠が不明確で、新人からの質問に回答できず困っています。JAID/JSCの感染症治療ガイドでは腎機能別の投与量が示されていま...

帯状疱疹のワクチンは神経痛が残っている場合でも打ってもいいか?

【質問】帯状疱疹のワクチンを打つのに発疹ある急性期はダメなのは分かるのですが、神経痛が残っている場合でも打たない方が良いのでしょうか? タイミングが分からなくて困ってます 【A】帯状疱疹の発疹が治まっ...

フェンタニル貼付剤を半割した際に、剥離予防のためテガダーム等で覆うことを避ける理由は?

【質問】フェンタニル貼付剤の半量使用の方法について教えてください。 採用都合で急遽フェンタニル貼付剤の半量投与が必要になり色々検索をしました。 ① 先にドレッシング剤を貼る ② フェンタニル貼付剤本体を外...

新着記事をもっと見る