【Q】 トラマドールとペンタゾシンの併用は可能か。

【A】トラマドール (トラマール) とペンタゾシンはどちらもμ受容体に作用するため、作用が増強する可能性がある。よって、痙攣閾値の低下や呼吸抑制に注意が必要である。添付文書上は併用注意となっている。

トラマドール自体に結合親和性はなく、代謝物がμ受容体に部分作動薬として作用する。ペンタゾシンも同様に部分作動薬である。

 

 

トラマールOD錠 添付文書
オピオイド鎮痛剤
痙攣閾値の低下や呼吸抑制の増強を来すおそれがある。
本剤 (トラマール錠) と相加的に作用が増強されると考えられる。
ラット脳を用いた受容体結合実験において、トラマドール塩酸塩はδ及びκ-オピオイド受容体よりもμ-オピオイド受容体に高い結合親和性を示した。

(引用 : トラマールOD錠 添付文書)
http://www…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】 トラマドールとペンタゾシンの併用は可能か。

【A】トラマドール (トラマール) とペンタゾシンはどちらもμ受容体に作用するため、作用が増強する可能性がある。よって、痙攣閾値の低下や呼吸抑制に注意が必要である。添付文書上は併用注意となっている。 トラ...

【Q】オピオイドの換算は?

トラマドール(トラマール) 300mg = 経口モルヒネ 30mg = モルヒネ坐剤 20mg = オキシコドン徐放錠(オキシコンチン)20mg = フェンタニル1日貼付型製剤(フェントステープ)1mg = フェンタニル3日貼付型製...

新着記事

opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用は0.5mg規格のみか?

【質問】opioid naive患者 に対するフェンタニルパッチの使用ができるようになったのは低用量0.5mgの1日製剤だけでしょうか?3日製剤は適応外となりますか? 【A】オピオイドナイーブ患者に対してフェンタニル...

PPN製剤をCVポートから投与可能か?

【質問】PPN製剤をCVポートから投与することは可能なのでしょうか? 【A】PPN(末梢静脈栄養法)は通常、末梢静脈から投与されますが、成分や技術的にはCVポート(中心静脈カテーテル)からの投与も可能と考えら...

べピオゲル・エピデュオゲル・デュアックゲルの貯法が異なる理由は?

【質問】べピオ、エピデュオ、デュアック配合ゲルはいずれも過酸化ベンゾイルを含有していますが、それぞれの貯法の温度が異なるのは何故でしょうか。 【A】エピデュオゲルとベピオゲルは過酸化ベンゾイルを含有...

新着記事をもっと見る