【Q】牛乳アレルギー児に対して、散薬の賦形は乳糖の使用は可能か。

【A】牛乳アレルギーは「カゼイン、乳清タンパク(α、β-ラクトグロブリンなど)」をアレルゲンとするため、多くの牛乳アレルギー児に対して乳糖の使用は可能と考えられます。

ただし、牛乳アレルギーと乳糖不耐症は別で考える必要があります。

 

即時型牛乳アレルギー児を対象として行った食品用乳糖の食物経口負荷試験で重篤な症状は認められず、嘔吐や局所の蕁麻疹のみ(42例中2例)であったと報告がある。牛乳アレルギー児に対しては乳糖の摂取が可能であることを確認することが望ましいと結論づけられている。
(日本小児アレルギー学会誌. 29: 649-654, 2015)

乳糖(グルコースおよびガラクトース)、ラクトースは吸入剤、カプセル剤、錠剤、散剤、静脈内製剤に添加物として使用され、牛乳アレルギー患者でも滅多に症状が誘発されない。
(Allergology International. 66: 248-264, 2017)

→これらの報告から多くの牛乳アレルギー児に対して乳糖の使用は可能と考えられます。

 

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です。 具体例を挙げると、山芋アレルギーは山薬が含有されている「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「六味丸」、小...

新着記事

【Q】抗ヒスタミン点眼薬は何歳から使用可能か?

【A】主な抗ヒスタミン点眼剤は以下が挙げられます。点眼剤の年齢設定については使用経験がない、もしくは少ないことが主な理由です。点眼剤は全身への移行性が高くないことから、経験則的に添付文書に記載のある...

【Q】抗ヒスタミン点眼薬 コンタクトレンズ装着時の使用の可否は?

【A】抗ヒスタミン点眼薬のコンタクトレンズ装着時の使用可否について、主な抗ヒスタミン点眼薬である5種類を下記にあげました。ハードコンタクトレンズ装着時は基本的には点眼薬の使用は可能です。一方で、ソフ...

【Q】中等度腎機能低下患者の重症感染症に対してレボフロキサシン500mg隔日投与は妥当か。

【質問】サンフォードガイドによると、20≦CCr<50の推奨量(維持量)は750mg q48hと記載されている。 日本で販売されている規格は500mg錠or 250mg錠であり、1回量750mgの投与は通常ではない。 一方で、ニューキ...

新着記事をもっと見る