【Q】キシロカインのアレルギー患者に対してエステル型局所麻酔薬は投与可能か?

【質問】キシロカイン(メチルパラベン含有)製剤に対してアレルギー疑いのある患者にエステル型局所麻酔薬は投与可能か?

【A】キシロカイン自体が原因でアレルギーが起きた場合と、添加物であるメチルパラベンが原因でアレルギーが起きた場合とで分けて考える必要があります。

キシロカイン自体が原因薬物として、アレルギーが起きた場合は、エステル型局所麻酔薬を投与することは、可能と考えられます。一方で、キシロカイン内に含まれている添加物のメチルパラベンによってアレルギーが起きた場合は、エステル型局所麻酔薬を避けた方が望ましいとは考えられます。エステル型局所麻酔薬は、血漿中のコリンエステラーゼで加水分解されてパラアミノ安息香酸が生成されます。このパラアミノ安息香酸とメチルパラベンは化学構造が類似しており、交差抗原性があるためです。

また、エステル型局所麻酔薬自体のアレルギー頻度は、アミド型のものに比べ高いことに注意が必要です。パラアミノ安息香酸が高い抗原性をもち、抗体産生やTリンパ球の感作を促すためです。
(参考 : 日本ペインクリニック学会誌 Vol.21 (1),  2014)

以上より「添加物のメチルパラベンが原因薬物として、アレルギーが…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】漢方薬で注意すべき食物アレルギーは?

【A】特定原材料や特定原材料に準ずるものに指定されている食物が含有された漢方薬は特に注意が必要です。 具体例を挙げると、山芋アレルギーは山薬が含有されている「八味地黄丸」「牛車腎気丸」「六味丸」、小...

新着記事

ジクトルテープは疼痛部分に鎮痛部位に直接貼る必要はないか?

【Q】ジクトルテープは、使用部位が「胸部、腹部、上腕部、背部、腰部又は大腿部に貼付し」とあり、一方で他の経皮吸収型消炎鎮痛剤では「患部に貼付」とあるが何故か。ジクトルテープの作用は貼付部位のみならず...

【Q】抗インフルエンザ薬とベクルリー点滴静注用100mgの併用は可能か?

【質問】「抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?」を参考にさせていただきました。 ベクルリーについては記載がありませんでしたが、添付文書に禁忌がないので併用可能と考えていいでしょうか? ...

【Q】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬は併用可能か?

【A】抗インフルエンザ薬と新型コロナ治療薬が併用禁忌でなければ、併用は可能と考えられます。そのため、現在発売されている下記の抗インフルエンザ薬や経口新型コロナ治療薬の併用は可能です。 抗インフルエン...

新着記事をもっと見る