【Q】ジルテック錠10mgはザイザル錠の何mgに相当するか?

A】レボセチリジン(商品名 : ザイザル)がラセミ体であるセチリジン(商品名 : ジルテック)の治療上の活性本体であり、ラセミ体から光学分割することで用量がセチリジンの半量になる。つまり、レボセチリジン(商品名 : ザイザル)の用量はセチリジン(商品名 : ジルテック)の半量であると考えられる。
さらに以下の臨床試験よりジルテック10mgはザイザル5mgと臨床的に同等と考えられる。

季節性アレルギー性鼻炎患者を対象とした海外第Ⅲ相試験(A222 試験)
セチリジン10mg 及びプラセボを対照としたレボセチリジン(5mg 錠1 日1 回夜、1週間投与)の有効性及び安全性を比較する多施設共同、ランダム化、二重盲検、並行群間比較試験

・プラセボ群:1 日1 回(夜)
・レボセチリジン(LCTZ)群:5mg、1 日1 回(夜)
・セチリジン(CTZ)群:10mg、1 日1 回(夜)

全投与期間(1 週間)でのレボセチリジン群とセチリジン群のT4SS の調整済み平均値の差の90%CI(-0.41~0.17)は、セチリジンの平均スコアの20%区間内(-0.78~0.78)範囲内で…

キーワード検索

お知らせ

  • 【Q&A】の買取を始めました。

    2019.12.1

    CloseDi内における医薬品情報共有の充実化と活性化のため、会員の皆様から【医薬品情報に関する「質問と回答」】を期間限定で募集することになりました。

    【質問と回答】をお送りいただき、CloseDiに掲載された場合は、1記事あたり100円〜500円のアマゾンギフトカードをメールにてお送りします。

    会員の方はTOPぺージにあるリンクから投稿をお願いします。

    非会員の方は会員登録をお願いします。

  • パンフレットを作成しました

    2019.2.27

過去のお知らせ一覧

新着記事

【Q】吸入ステロイドは血中に移行するか?全身の副作用は?

【質問】ステロイドの換算についてです。点鼻や吸入、点眼など、外用ステロイドを使用継続していると、...

【Q】閉塞隅角緑内障の患者にはニトロペン舌下錠が禁忌であるが、代替薬はあるか?

【質問】閉塞隅角緑内障禁忌、前立腺肥大禁忌など疾患禁忌のある薬剤がありますが、添付文書には禁忌項...

【Q】複数の薬剤の粉砕混合や簡易懸濁法に関する安定性の指標は?

【質問】薬剤混合の安定性についてです。錠剤の服用が困難なケースでは簡易懸濁+とろみ等を推奨してい...

【Q】海外の添付文書の用法で、「◯mg twice weekly orally」や「◯mg PO 2x/wk」の訳は

【質問】 メトトレキサートの海外での適応で菌状息肉症があり、その用法に「 5-50 mg once weekly or 15...

【Q】粉剤した錠剤と簡易懸濁法の配合変化は?

【質問】小児の難病患者に粉砕一包化調剤をすることがあります。成人は簡易懸濁法で代用できるケースも...

【Q】在宅患者訪問薬剤管理指導料は、調剤を行っていない日でも算定可能か?

【質問】調剤報酬について Q:在宅患者訪問薬剤管理指導料は、調剤を行っていない日でも算定可能か。 A...

【Q】簡易懸濁法の配合変化は?

【A】簡易懸濁法は基本的には、簡易懸濁後、長時間放置すると有効成分の分解や配合変化の恐れがあり、10...

【Q】シロップ剤や粉砕した薬剤の遮光袋や乾燥剤の必要性は?判断基準は?

【質問】お渡しの際の遮光袋や乾燥剤についてです。インクレミンシロップなど冷蔵庫に入れてもらうよう...

【Q】吸入薬のステロイドランクは?

【質問】ステロイドの強弱、使い分けについて質問です。 塗布薬はランク分けされていますが、点鼻薬や点...

【Q】点鼻薬のステロイドランクは?効果の違いは?

【A】現在、点鼻薬のステロイドは4種類しか発売されていません。(2020年3月現在) エリザス点鼻粉末200μg...

更新記事

【Q】ボルタレンゲルなどの塗布剤の使用した直後に湿布を貼付するのは避けるべきか?

【A】ボルタレンゲルなどの塗布剤は同成分の経口剤と比較して、AUCが非常に低いと考えられます。しかし...

【Q】湿布は1日何枚まで貼付可能か?

【質問】何種類もの湿布を受け取っている患者さんもいますが、1日に何枚まで貼ってもよいのか検討するた...

【Q】患者への配布資料の作成時に書籍やブログなどを引用することは可能か?

【質問】薬局で患者さんに配布する資料を作る際の注意点があれば教えていただきたいです。簡易懸濁の手...

【Q】チュアブルは噛み砕いて飲む必要があるか?咀嚼の必要性は?

【質問】チュアブルについて、錠剤の服用が難しい方に練習にもなる「噛んで飲める≒飲み込めるなら噛まな...

【Q】感染症疑いの患者にナゾネックス点鼻液は可能か?

【質問】アレルギー性鼻炎でナゾネックスの点鼻を定期継続している方がいるのですが、鼻に色がついてき...

【Q】ジェネリック医薬品の各メーカーの先発品に対する付加価値のまとめはあるか?

【質問】ジェネリック医薬品の採用を検討するときに、各メーカーで付加価値をつけていればそちらを採用...

【Q】アレグラ錠と異なり、ディレグラ配合錠が食前投与の理由は?

【A】ディレグラ配合錠を食後投与すると錠剤が大きいため溶出が遅れるために、バイオアベイラビリティが...

【Q】ディレグラ配合錠の処方日数は最小限の期間にとどめなければいけない理由は?

【A】ディレグラ配合錠の連用によりプソイドエフェドリンの効果が減弱する可能性があるためと考えられま...

【Q】ディレグラ配合錠にアレルギーがある患者にエフェドリン塩酸塩注は使用可能か?

【質問】ディレグラ配合錠にアレルギーがある場合、エフェドリン塩酸塩注は使用可能か?(エフェドリン塩...

【Q】ジゴキシン製剤を使用する場合、適正な血中濃度は?

【A】以下の理由より、ジゴキシンの血中濃度は0.5-0.8ng/mLでコントロールすることが望ましいと考えられ...

関連記事

【Q】第2世代の抗ヒスタミン薬の使い分けは?

【A】抗ヒスタミンの特徴をまとめた文献があったため、以下にまとめた。 問診票などによる患者ニーズを把握することが重要である。 効果の高さを重視 → オロパタジン (商品名アレロック) または セチリジン (...