【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか?

【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高いため、レボセチリジン(ザイザル)の半減期が短くなります。そのため、小児に対してはレボセチリジン(ザイザル)1日1回投与よりも1日2回投与の方が血中濃度が安定します。この理由により小児に対するレボセチリジン(ザイザル)の用法は分2に設定されています。以下に詳細を記載します。

ザイザル錠 添付文書
成人:通常、成人にはレボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日10mgとする。小児:通常、7 歳以上 15 歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩として 1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。

→添付文書において、ザイザル錠は小児に対しては、成人と1日投与量は同量であるが、1日2回に分割して服薬する必要があります。

米国 添付文書
6~11歳の小…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

キーワード検索

お知らせ

  • ビジュアルDI内に「イラスト医薬品情報」を追加しました

    2020.10.1
  • トップページに新着コメントを表示しました。

    2020.9.25

    トップページに新着コメントを表示しました。

過去のお知らせ一覧

書籍化されました

新着記事

【Q】アブストラル舌下錠やイーフェンバッカル錠を1回2錠で使用することは可能か?

【質問】アブストラルやイーフェンなど、舌下やバッカルの薬についても200μg錠≒100μg×2錠として使用する...

【Q】カラーコンタクトレンズに使用できない目薬がある理由は?

【質問】ソフトコンタクトにベンザルコニウムがダメージを与えるというのは耳にしますが、カラコンだけ...

【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか? 【回答】経口鉄剤は胃や十二...

【Q】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」の違いは?

【質問】「無尿の透析患者」と「腎機能低下患者」のちがいは何ですか? 薬剤の用量調節が必要なのはどう...

【Q】鶏眼に対するスピール膏の連続貼付期間は?

【質問】魚の目に対するスピール膏は何日間くらい貼り続けるのが一般的でしょうか?また、芯はぽろんと...

更新記事

【Q】処方箋に記載できる注射薬は?アセリオやセレネースは?

【質問】アセリオやセレネースは在宅において調剤薬局から払い出す(調剤する)ことは可能なのでしょうか...

【Q】ヘパリンロック10単位や100単位製剤の使い分けは?

【質問】ヘパリンロックについて質問です。ロック時間により使い分けることがあるかと思いますが、これ...

【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか? 【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高い...

【Q】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は必須か?

【質問】麻薬帳簿の「前帳簿から繰り越し」という文言は、帳簿にページ数を記載していれば省略可能でし...

【Q】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素の鎮痛補助に関する作用機序は?

【質問】ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素が鎮痛補助剤として使われる場合の機序は...

新着コメント

【Q】鉄剤は経口剤でなく注射剤でも消化器症状が発現するか?

【質問】鉄剤は内服でなく注射剤でも消化器症状がでることはあるのですか? 【回答】経口鉄剤は胃や十二...

【Q】鶏眼に対するスピール膏の連続貼付期間は?

【質問】魚の目に対するスピール膏は何日間くらい貼り続けるのが一般的でしょうか?また、芯はぽろんと...

【Q】「服薬後フォロー」は加算があるか?医師の指示が必要か?薬歴記載様式があるか?

【質問】「服薬後フォロー」というのは特に加算や医師の指示、薬歴記載様式はないものでしょうか? 【A...

【Q】プレフィルドシリンジを使って別のアンプルから薬液を採取することは可能か?

【質問】調剤薬局での無菌調剤の際、物品の入荷に時間がかかるのですが、同患者の調製に使ったプレフィ...

【Q】インスリン製剤等注射用ディスポーザブル注射器の販売は可能か?

【質問】特定保険医療材料は、自費購入(販売)可能ですか?例えば、インスリン製剤等注射用ディスポーザ...

関連記事

【Q】第2世代の抗ヒスタミン薬の使い分けは?

【A】抗ヒスタミンの特徴をまとめた文献があったため、以下にまとめた。 問診票などによる患者ニーズを把握することが重要である。 効果の高さを重視 → オロパタジン (商品名アレロック) または セチリジン (...