【Q】小児に対してレボセチリジン(ザイザル)の用法が分2の理由は?

【質問】ザイザルはなぜ小児だけ分2なのでしょうか?

【A】小児においては肝臓の代謝能が成人よりも高いため、レボセチリジン(ザイザル)の半減期が短くなります。そのため、小児に対してはレボセチリジン(ザイザル)1日1回投与よりも1日2回投与の方が血中濃度が安定します。この理由により小児に対するレボセチリジン(ザイザル)の用法は分2に設定されています。以下に詳細を記載します。

ザイザル錠 添付文書
成人:通常、成人にはレボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日10mgとする。小児:通常、7 歳以上 15 歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩として 1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。

→添付文書において、ザイザル錠は小児に対しては、成人と1日投与量は同量であるが、1日2回に分割して服薬する必要があります。

米国 添付文書
6~11歳の小…

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】ジルテック錠10mgはザイザル錠の何mgに相当するか?

A】レボセチリジン(商品名 : ザイザル)がラセミ体であるセチリジン(商品名 : ジルテック)の治療上の活性本体であり、ラセミ体から光学分割することで用量がセチリジンの半量になる。つまり、レボセチリジン(商品...

【Q】第2世代の抗ヒスタミン薬の使い分けは?

【A】抗ヒスタミンの特徴をまとめた文献があったため、以下にまとめた。 問診票などによる患者ニーズを把握することが重要である。 効果の高さを重視 → オロパタジン (商品名アレロック) または セチリジン (...

新着記事

レボチロキシン錠 (チラーヂン)は食後投与よりも食前投与のほうが効果が高いか?

【質問】チラーヂンは、食前の方が吸収がよいのですか? 【A】レボチロキシンは、一部の金属(アルミニウムや鉄など)や特定の飲食物 (コーヒー、食物繊維、グレープフルーツ、パパイヤ、大豆製品など)と同時に摂取...

芍薬甘草湯の代替薬は?

【A】芍薬甘草湯(こむら返り)の代替薬候補として、エペリゾン (ミオナール錠)、チザニジン(テルネリン錠)、ダントロレンナトリウム(ダントリウムカプセル)、レボカルニチン(エルカルチンFF錠)、疎経活血湯、四物...

ロナセンテープは半分に切ることができるか?

【A】ロナセンテープは薬を含む膏体が支持体とライナーの間にあるマトリックス型の経皮吸収剤です。そのため半分に切っても使用することができると考えられます。しかし、切ることにより剥がれやすくなったり、薬...

新着記事をもっと見る