【Q】アタラックス錠とアタラックス-Pカプセルの違いは?

【A】アタラックス錠はヒドロキシジン塩酸塩であり、アタラックス-Pカプセルはヒドロキシジンパモ酸塩である。アタラックス錠が発売された後にアタラックス-Pカプセルが発売された。アタラックス錠は味が苦く、潮解性があるのに対して、アタラックスPカプセルは味がわずかに苦く、吸湿性はない。アタラックス錠の苦味と吸湿性を製剤的に改良した薬剤がアタラックスPカプセルと言える。

なお、アタラックス-Pカプセル 1Cp中にはヒドロキシジンパモ酸塩 42.61mg(ヒドロキシジン塩酸塩 25mgに相当)が含有している。

ヒドロキシジンの活性代謝産物はセチリジンである。

 

アタラックス錠
(1)外観・性状 ヒドロキシジン塩酸塩は、白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。
(2)溶解性 水に極めて溶けやすく、メタノール、エタノール(95)又は酢酸(100)に溶けやすく、無水酢酸に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
(3)吸湿性 潮解性がある。
(参考 : アタラックス錠 インタビューフォーム)

会員登録をしていただくと全文お読みいただけます。

会員登録していただくとできること
記事を全文閲覧できます。 記事を全文閲覧できます。
記事の全文が検索できます 記事の全文が検索できます。
週1回メルマガが届きます 週1回メルマガが届きます
質問投稿することができます 質問投稿することができます

関連記事

【Q】アタラックス錠とアタラックス-Pカプセルの違いは?

【A】アタラックス錠はヒドロキシジン塩酸塩であり、アタラックス-Pカプセルはヒドロキシジンパモ酸塩である。アタラックス錠が発売された後にアタラックス-Pカプセルが発売された。アタラックス錠は味が苦く、潮...

【Q】コンタクト装着時に使用できる抗アレルギー点眼液は?

【A】アレジオン®点眼液0.05%(成分名:エピナスチン塩酸塩)がコンタクト装着時に使用可能である。 ・2014年12月から防腐剤を「ベンザルコニウム」から「リン酸水素ナトリウム水和物」及び「ホウ酸」に変更。 ・...

新着記事

【Q】カロナール錠500mgが劇薬の理由は?

【質問】カロナールは何故500mgの規格だけが【劇薬】に区分されているのでしょうか。 成分が同じでも規格によって【劇薬】か否かが異なる薬剤はカロナールしか寡聞にして知りませんが、他にもあるんでしょうか。 ...

【Q】新型コロナ感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまでの接種期間は?

【質問】新型コロナウイルス感染症に感染後、インフルエンザワクチンを接種するまで、空けるべき期間には決まりがありますか? コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能、ずらして打つ場合も日数に...

【Q】心不全におけるファンタステック4とは?それぞれの投与の順番は?

【A】心不全(左室駆出率の低下した心不全=HFrEF(ヘフレフ))に対して「βブロッカー」「SGLT2阻害薬」「ARNI」「MRA」の4剤を投与することが全死亡の減少に有効であると数々の文献で、報告されています。 ・日本...

新着記事をもっと見る